恋する死神と、僕が忘れた夏

恋する死神と、僕が忘れた夏 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2018年08月25日
商品形態:
電子書籍

恋する死神と、僕が忘れた夏

  • 著者 五十嵐 雄策
発売日:
2018年08月25日
商品形態:
電子書籍

叶えたい“願い”を持つすべての人に届けたい、ひと夏の忘却と運命の物語。

 ある日、目の前に死神が立っていた。その正体は同じクラスの茅野花織。彼女に連れられ向かったのは、僕の唯一の肉親、叔母の入院先だった。
 いつからか、この世界から『忘却』される人が現れたという。少しずつ存在が薄れ、そして『死』とともに完全に忘れ去られる。そんな人々の未練を解消する彼女の――死神の見習いとなった僕は、大切な人との最期の「繋がり」を求める人々と出会う。そんな中、唐突に告げられる僕と彼女の最期の仕事。その時蘇る、僕のとある記憶とは――。
 鎌倉を舞台に描かれる、ひと夏の『忘却』と運命の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「恋する死神と、僕が忘れた夏」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 微妙かなー 死神の役割としては風変わりだけれど、死神の仕事の対象がいまいち説得力に欠けるというかピンと来ないというか。それと彼らがどのように逝くのかの描写がないためか話に深みがない。なのでラストシーン 微妙かなー 死神の役割としては風変わりだけれど、死神の仕事の対象がいまいち説得力に欠けるというかピンと来ないというか。それと彼らがどのように逝くのかの描写がないためか話に深みがない。なのでラストシーンも感情移入出来なかった。 …続きを読む
    た〜
    2018年09月03日
    14人がナイス!しています
  • ある日、クラスメートの茅野花織から私は死神だと身を明かされた望月章は、死神にスカウトされ彼女の仕事の手伝いを始める事になるが…と言うお話です。最初の頁にある通り終わってしまった後の物語なので、読後に残 ある日、クラスメートの茅野花織から私は死神だと身を明かされた望月章は、死神にスカウトされ彼女の仕事の手伝いを始める事になるが…と言うお話です。最初の頁にある通り終わってしまった後の物語なので、読後に残ったものはただただ感傷と言う印象が強い作品でしたが、これはこれでこういう終わり方で良いのではないのかなとも思いました。死と忘却が定められていた花織が、傍から見れば半ば呪いに近い様にも感じられるけれども、彼女のそんな我儘を章が受け入れたのならばそれで良いのかな、と。そんな印象に残った作品でした。→ …続きを読む
    まるぼろ
    2018年11月14日
    10人がナイス!しています
  • 死と忘却を司る死神であるクラスメイトの茅野花織に死神見習いを命じられて、花織と共にまもなく死を迎える人たちの未練を解消するすることになり、彼女と行動をするうちに忘れられていた記憶が蘇ることに。うーん、 死と忘却を司る死神であるクラスメイトの茅野花織に死神見習いを命じられて、花織と共にまもなく死を迎える人たちの未練を解消するすることになり、彼女と行動をするうちに忘れられていた記憶が蘇ることに。うーん、なんというか未練解消のための描写が薄くてうまく乗りきれないまま終わってしまった感じ。それに電撃でも忘却がテーマのを出してたので違うテーマのものを読みたいなと。次作に期待したい。 …続きを読む
    やまと
    2018年09月01日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品