下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784048936279

下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし

  • 著者 五十嵐 雄策
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784048936279

下町の人情が集まるこのお店、一句ひねればこころもお腹もほっこりします。

 俳句とお弁当。この二つは一見何の関わりもないものに思えるけれど、共通点がある。それはどちらも人の心に寄り添ってくれるということ。辛い時にはその人をなぐさめるように、楽しい時にはその人を祝うかのように、そっと傍らに在ってくれる――。
 社内恋愛騒動に巻き込まれ、傷心の三崎佳奈が東京深川でふらりと立ち寄ったのは、細い路地の奥にある小さなお弁当処、『芭蕉庵』。心に寄り添った、美しい俳句と美味しいお弁当を提供してくれるこのお店には、今日も俳句をたしなむ町の人々が集まってくる。心を癒す詠み人の集いに、あなたも触れてみませんか?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「下町俳句お弁当処 芭蕉庵のおもてなし」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 主人公の女性が、社内恋愛に破れたにしては痛手を受けていない。職場の上司と同棲していたら、同僚に知れ渡っているだろうし、失恋したことも噂になるはず。当然仕事もやりづらくなるだろうに、そこまで苦しんだ描写 主人公の女性が、社内恋愛に破れたにしては痛手を受けていない。職場の上司と同棲していたら、同僚に知れ渡っているだろうし、失恋したことも噂になるはず。当然仕事もやりづらくなるだろうに、そこまで苦しんだ描写もなく、この挿話はスパイス程度にしか考えられていないことがわかる。ちょっと、それはないんじゃないか。他の部分も、まるでガイドブックを読んでいるようで情緒がなかった。残念。 …続きを読む
    佐島楓@執筆中
    2018年01月31日
    57人がナイス!しています
  • 失恋の傷を引きずる会社員の三崎佳奈がふと立ち寄った『芭蕉庵』という小さなお弁当屋さんで、松尾芭蕉と俳句を愛するお客さん達と、俳句のセンスはイマイチだけど、悩める人達の心を暖かく包むお弁当を作る優しい男 失恋の傷を引きずる会社員の三崎佳奈がふと立ち寄った『芭蕉庵』という小さなお弁当屋さんで、松尾芭蕉と俳句を愛するお客さん達と、俳句のセンスはイマイチだけど、悩める人達の心を暖かく包むお弁当を作る優しい男性・芭蕉さんに出会い、自分の心を俳句やお弁当を通して整理していきながら、大切な居場所を手に入れていく暖かな物語。松尾芭蕉ゆかりの地を芭蕉さん達と巡り、木漏れ日の下で食べるお弁当に舌鼓を打ちながら、自分の素直な想いを俳句にしていく佳奈にほっこり。牛すじカレーとかあさりたっぷりの炊き込みご飯とか、飯テロ要素も多め …続きを読む
    スズ
    2018年04月21日
    50人がナイス!しています
  • 手酷い社内恋愛の裏切りにあった佳奈さんは、転居した深川に美味しいお弁当と芭蕉好きが集まるお店「芭蕉庵」に出会う。私の中で「芭蕉」といえば深川というくらい周知のことでしたが、知らない間に芭蕉ゆかりの施設 手酷い社内恋愛の裏切りにあった佳奈さんは、転居した深川に美味しいお弁当と芭蕉好きが集まるお店「芭蕉庵」に出会う。私の中で「芭蕉」といえば深川というくらい周知のことでしたが、知らない間に芭蕉ゆかりの施設や、向きをかえる芭蕉さんの銅像が増えていてびっくり。足腰に自信があったら芭蕉巡りをしたい。俳句の会には行ってみたいものの、躊躇するものがあるのですが、こんな会なら参加したいです。気軽に読み進められたものの、イマイチ私には合わないと感じたのは何故なのか。 …続きを読む
    ぶんこ
    2020年02月02日
    47人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品