「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041072363

「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出

  • 著者 角野 栄子
  • カバーイラスト 松本 大洋
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年09月26日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
264
ISBN:
9784041072363

84歳の今も、私は現在進行形!「魔女の宅急便」の著者、待望のエッセイ集

洗濯する背中にもたれて感じたぬくもりは死別した母のたいせつな記憶、毎晩兄弟で取り合った父のあぐら、そこできいたオノマトペをまとう物語、ブラジルで出会った赤毛の魔女、「普通のおかあさんになってよ」と娘からいわれた日、昭和・江戸川の土手に住みついていた浮浪者のハーちゃん、紀伊國屋書店本店の喫茶室で見たフランス帰りの岡本太郎……。
喜びだけでなく、悲しみも人に力を与えてくれる。みんな、私を作った「集まっちゃった思い出」。
50年の作家生活で各紙・誌へ寄稿してきた中から選んだ、珠玉のエッセイ集!

もくじ

第一章 父母娘
第二章 魔女
第三章 旅
第四章 なつかしい日々
第五章 本とことば
国際アンデルセン賞 作家賞受賞スピーチなど


メディアミックス情報

NEWS

「「作家」と「魔女」の集まっちゃった思い出」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • カバーの肖像画、写真を見るに、優雅でお茶目な「元魔女」のイメージが当てはまりそうな角野さん。散文詩のように軽やかな文体で、写実的で色や音が自然と脳裏に浮かぶ文章は心地よく読みやすい。母上を早くに亡くさ カバーの肖像画、写真を見るに、優雅でお茶目な「元魔女」のイメージが当てはまりそうな角野さん。散文詩のように軽やかな文体で、写実的で色や音が自然と脳裏に浮かぶ文章は心地よく読みやすい。母上を早くに亡くされ、過酷な戦争の時代に子供時代を過ごされたご自身を救ったのは物語だったとの言葉が印象的だった。父上をはじめとした家族との思い出話、ブラジルに移住した頃の話に引き込まれる。色々な作品誕生の舞台裏も書かれていて、また読み返したくなった。 …続きを読む
    シングルモルト
    2020年01月25日
    30人がナイス!しています
  • 図書館本:魔女の宅急便の作者のエッセイ!ブラジルに住んでいた事。それがきっかけに先生から本を書いてみたら?と言われたのが今の角野栄子さんの原点かな。昔の思い出がたくさんあり、それが角野栄子さんの人とな 図書館本:魔女の宅急便の作者のエッセイ!ブラジルに住んでいた事。それがきっかけに先生から本を書いてみたら?と言われたのが今の角野栄子さんの原点かな。昔の思い出がたくさんあり、それが角野栄子さんの人となりが分かりますね。 …続きを読む
    AKIKO-WILL
    2020年02月24日
    26人がナイス!しています
  • 「魔女の宅急便」の著者:角野栄子さんのエッセイ集。角野さんの生い立ちや家族の事・魔女の宅急便が出来るまでのエピソードなど盛り沢山でした。「キキ」の誕生したのは、娘さんの魔女の絵がキッカケだったとは初め 「魔女の宅急便」の著者:角野栄子さんのエッセイ集。角野さんの生い立ちや家族の事・魔女の宅急便が出来るまでのエピソードなど盛り沢山でした。「キキ」の誕生したのは、娘さんの魔女の絵がキッカケだったとは初めて知りました。箒にラジオを括り付けた娘さんの絵は見たかったですね。ブラジルでの生活も絵本の題材として使っているなんて驚きでした。読んでいて楽しい本でした。角野さんの本をまた借りてこようと思います。 …続きを読む
    桜父
    2019年12月03日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品