『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784041046050

『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ

  • 著者 角野 栄子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月29日
判型:
A5判
商品形態:
単行本
ページ数:
128
ISBN:
9784041046050

世界で一番おしゃれな魔女は、82歳の作家でした。

家の壁のほとんどを占めるたくさんの本棚。大好きないちご色の壁。長年の日々の台所仕事で得た、かんたんおいしい十八番のメニュー。カラフルなメガネやキャンディみたいなリング。ビビットなカラーのワンピース。『魔女の宅急便』をはじめ多くの児童文学の名作を生み出してきた、作家角野栄子の美しい暮らしをあますことなく紹介する一冊! 五歳で母をなくし、戦争と終戦も体験。二十四歳でブラジルに移民として渡り、世界中の人々と知り合った。現在八十二歳の角野栄子は言う。「魔法は一つ。すべての人が、必ず持っているのよ」人生を明るく、色鮮やかにいきていくための『衣』『食』『住』のレシピ集。

もくじ

1 角野さんの毎日
本棚だけは、なにをさておいてもたくさん!
いちご色は、私の色
作品から 魔女の宅急便
壁に絵を描きたーい
黒革の手帳 ご用心
玄関先のサプライズ
庭仕事 あーあ、草たちよ
鎌倉は歩く街
寝室の観音様
私の一日

2 かんたん 食いしん坊
庭のみかんのしぼりたて おーすっぱい!
白い食器を最小限 藍色の食器を彩りに
料理は素材と手抜き
作品から 小さなおばけシリーズ アッチ コッチ ソッチ
あまから好み (昭和の味)

3 おしゃれは大好き
基本はメガネと白髪
どこまでも歩ける靴
ワンピースは同じ形 色と柄で差別化
アクセサリーは自由に、自由に
仕事着は楽に、楽に
口紅は七難隠す
作品から ラスト ラン

4 角野栄子 こんな人
ブラジル サンバ カフェ
作品から ルイジンニョ少年 ブラジルをたずねて
      ナーダという名の少女
旅はいつでも大きな贈り物
「家族」(父)
作品から トンネルの森 1945
魔法は一つ 誰でも持ってる 
特別収録 掌編 おいとちゃん

    

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「『魔女の宅急便』が生まれた魔法のくらし 角野栄子の毎日 いろいろ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 魔女の宅急便)の本の著者である角野栄子さんのエッセイ。5歳で母を亡くし、戦争もあり不安の中でも優しく素直に育ってきたのはお父さんの深い愛情と自身の夢を持っていたからだと思う。年齢で自分を区切ること無く 魔女の宅急便)の本の著者である角野栄子さんのエッセイ。5歳で母を亡くし、戦争もあり不安の中でも優しく素直に育ってきたのはお父さんの深い愛情と自身の夢を持っていたからだと思う。年齢で自分を区切ること無く オシャレを楽しみ、自然に生活している姿は (あこがれ)です。魔女宅好きな娘のプレゼントに買ってきたけれど自分が先に読んでしまった。 …続きを読む
    バニラン
    2018年10月23日
    77人がナイス!しています
  • 「魔女の宅急便」の作者としか認識がなかった方でしたが、なんて可愛らしい素敵な方なのでしょう。生き方、佇まいが明るくて、ニコッとしたくなってきます。ワンピース、軽いバッグ、大ぶりで軽いアクセサリー、履き 「魔女の宅急便」の作者としか認識がなかった方でしたが、なんて可愛らしい素敵な方なのでしょう。生き方、佇まいが明るくて、ニコッとしたくなってきます。ワンピース、軽いバッグ、大ぶりで軽いアクセサリー、履きやすい靴。全て私の理想を実現されてました。特にワンピースの襟ぐり。ここに年齢が現れるとおっしゃっていますが、角野さんの首筋の美しいこと!まったく筋張っていません。お料理も簡単なのに美味しそうで、早速真似したくなりレシピを書き写しました。古い物も大事にとっておられ、写真を拝見出来るのが嬉しかったです。 …続きを読む
    ぶんこ
    2018年11月07日
    71人がナイス!しています
  • ページ数は少ないながらも「可愛い」がこれでもか!と詰まっている素敵な一冊。壁一面の本棚は垂涎もの…。「魔女の宅急便」のヒントになった、お嬢さんのイラストもすごい雰囲気があって可愛い。お幾つになっても好 ページ数は少ないながらも「可愛い」がこれでもか!と詰まっている素敵な一冊。壁一面の本棚は垂涎もの…。「魔女の宅急便」のヒントになった、お嬢さんのイラストもすごい雰囲気があって可愛い。お幾つになっても好奇心旺盛で自分らしいスタイルを貫いている角野さんと黒柳徹子さんは本当に憧れ。角野さんがDiorのディオリフィックをつけこなしているように、私も赤リップをさらりとつけられる大人になりたい。 …続きを読む
    2017年05月02日
    64人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

写真:角野 栄子(かどの・えいこ)

角野 栄子(かどの・えいこ)

東京深川生まれ。児童文学作家。『魔女の宅急便』『ラストラン』など、数多くの作品を生み出してきた。サンケイ児童出版文化賞、路傍の石文学賞、旺文社児童文学賞、野間児童文芸賞、小学館文学賞など受賞多数。紫綬褒章に続き、2014年旭日小綬章受章。

最近チェックした商品