世界をこの目で

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041072042

世界をこの目で

  • 著者 黒木 亮
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041072042

元トップ金融マン作家による、どこからでも読める“知の玉手箱”

これまで訪れた国は80ヶ国。国際金融マン時代から小説家となったいまも「真実」を追いかけ、かばん一つで世界を飛び回る。そんな著者が自分の旅を振り返り、「世界の見方」を伝授する白熱のエッセー集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「世界をこの目で」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 国際ビジネス小説を書かせたら日本一の著者によるエッセイ集。世界各地の出張や駐在経験が主体だが、自分の生い立ちや取材体験談などもふんだんにある。行く先々での現地の人たちや取材対象者との交流も興味深いし、 国際ビジネス小説を書かせたら日本一の著者によるエッセイ集。世界各地の出張や駐在経験が主体だが、自分の生い立ちや取材体験談などもふんだんにある。行く先々での現地の人たちや取材対象者との交流も興味深いし、諸外国における体験談も大変新鮮。作品を読んでいて、舞台となる現地の描写に圧倒的な臨場感がある背景がよく分かった。想像だけで書いていないことは容易に想像できる。早稲田大駅伝選手としての思い出、小説家になるまでの経緯や専業小説家としての収入の話もとても面白かった。 …続きを読む
    Emkay
    2020年10月09日
    17人がナイス!しています
  • 黒木亮が、これまで各種コラム等で書いて来た文章を集めたもの。小説家としての文章への向き合い方や、取材で世界各地を訪れた際の小話、各作品の背景、黒木亮のこれまでの人生の一コマなど、いろんな内容あり。 黒木亮が、これまで各種コラム等で書いて来た文章を集めたもの。小説家としての文章への向き合い方や、取材で世界各地を訪れた際の小話、各作品の背景、黒木亮のこれまでの人生の一コマなど、いろんな内容あり。
    すのす
    2019年03月09日
    4人がナイス!しています
  • 著者の黒木亮は、北海道の秩父別町(ちっぷべつ)で生まれて、中学の時から陸上競技(長距離)をやっていて、早稲田大学では競争部に入って瀬古俊彦等と一緒に箱根駅伝を走り、卒業後は三和銀行に就職し、46歳で作 著者の黒木亮は、北海道の秩父別町(ちっぷべつ)で生まれて、中学の時から陸上競技(長距離)をやっていて、早稲田大学では競争部に入って瀬古俊彦等と一緒に箱根駅伝を走り、卒業後は三和銀行に就職し、46歳で作家として独立された方です。 黒木亮の他の作品を読んだことがある自分としては、第三章 作品の舞台裏が面白かったです。 第四章 作家になるまで、なってみてでは、早稲田大学の競争部の監督であった中村清さんの話も出てきます。 …続きを読む
    Kiyoshi Utsugi
    2018年12月08日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品