カラ売り屋vs仮想通貨

カラ売り屋vs仮想通貨

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041097724

カラ売り屋vs仮想通貨

  • 著者 黒木 亮
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
424
ISBN:
9784041097724

仮想通貨は、夢の通貨か、悪魔のカジノか!?

元官僚の日本人と2人のアメリカ人が運営するウォール街のカラ売りファンド、パンゲア&カンパニーが、新たに3つの日本企業に照準を定めた。狙われたのは、濡れ手で粟の利益を上げる仮想通貨交換業者、グレーゾーンぎりぎりの会計手法で生き残りを画策する巨大航空会社、業界にEV旋風を巻き起こす新興電気自動車メーカー。財務諸表を徹底的に読み込み、株価を下げようとするパンゲアを、追い込まれた企業がマージン・コールで締め上げる――。金融ジャングルの勝者は、果たしてどちらか!? 「仮想通貨の闇」「巨大航空会社」「電気自動車の風雲児」三編を収録。
元官僚の日本人と2人のアメリカ人が運営するウォール街のカラ売りファンド、パンゲア&カンパニーが、新たに3つの日本企業に照準を定めた。狙われたのは、濡れ手で粟の利益を上げる仮想通貨交換業者、グレーゾーンぎりぎりの会計手法で生き残りを画策する巨大航空会社、業界にEV旋風を巻き起こす新興電気自動車メーカー。財務諸表を徹底的に読み込み、株価を下げようとするパンゲアを、追い込まれた企業がマージン・コールで締め上げる――。金融ジャングルの勝者は、果たしてどちらか!? 「仮想通貨の闇」「巨大航空会社」「電気自動車の風雲児」三編を収録。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「カラ売り屋vs仮想通貨」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 黒木 亮は、新作中心に読んでいる作家です。外資系カラ売り屋シリーズ第二弾の連作中編集でした。オススメは、テスラーがモデルの「電気自動車の風雲児」です。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322004000158/ 黒木 亮は、新作中心に読んでいる作家です。外資系カラ売り屋シリーズ第二弾の連作中編集でした。オススメは、テスラーがモデルの「電気自動車の風雲児」です。 https://www.kadokawa.co.jp/product/322004000158/
    starbro
    2021年11月05日
    188人がナイス!しています
  • 仮想通貨取引所コインチェック創業、日本航空の企業再生と前澤友作、テスラ創業、の三物語のフィクション。膨大な取材の跡が伺えて黒木亮ファンの私には十分楽しめた。相当程度事実や実在企業名も織り込まれており、 仮想通貨取引所コインチェック創業、日本航空の企業再生と前澤友作、テスラ創業、の三物語のフィクション。膨大な取材の跡が伺えて黒木亮ファンの私には十分楽しめた。相当程度事実や実在企業名も織り込まれており、近代経済史の勉強にもなり、実践的な企業/ファンダメンタルズ分析の学びにもなる。また、黒木全作品に言えることだが食事や観光の描写がリアルで見ていて気分転換にもなる。最前線で活躍されるビジネスパーソンなら、読んでおいて損はないと言える。 …続きを読む
    よしたけ
    2023年09月11日
    50人がナイス!しています
  • カラ売り専業投資ファンド、パンゲア&カンパニーが仕掛ける金融戦を描いたシリーズ作品……らしいのだが、何も知らずにタイトルのみで借りたため前作(前々作もあり?)は未読。「仮想通貨の闇」「巨大航空会社」「電 カラ売り専業投資ファンド、パンゲア&カンパニーが仕掛ける金融戦を描いたシリーズ作品……らしいのだが、何も知らずにタイトルのみで借りたため前作(前々作もあり?)は未読。「仮想通貨の闇」「巨大航空会社」「電気自動車の風雲児」の3篇を収録している。まあタイトルを見れば内容はだいたい想像がつくのだが、“カラ売り屋”は脇役でしかなく、期待していたエキサイティングな仕手戦ではなかったのが残念だった。 …続きを読む
    ぽてち
    2021年11月07日
    33人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品