移民 棄民 遺民 国と国の境界線に立つ人々

移民 棄民 遺民 国と国の境界線に立つ人々 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年04月24日
商品形態:
電子書籍

移民 棄民 遺民 国と国の境界線に立つ人々

  • 著者 安田 峰俊
発売日:
2019年04月24日
商品形態:
電子書籍

国民国家の「エラー」にされた人々。彼らから見た、移民大国・日本と世界!

国民国家の「エラー」にされた人々。
彼らから見た、移民大国・日本と世界の姿。
日本、中国、新疆ウイグル自治区、台湾をめぐった傑作ルポ!!
いま、世界のルールは動揺している。「境界に置かれていた人々が、ルールの書き換えを強く要求する時代になったのだ。
我々は、彼らを知らなくてはならない――。

日本で生まれ育ったにもかかわらず無国籍者となった女子大生。
中国の軍閥高官の孫だったにもかかわらず夜都の住人を選んだ男。
移民、難民、無国籍者に、暮らしていた国が滅びた遺民、そして国家から切り捨てられた棄民など。
国民国家の「エラー」にされた人々の実態とは? 彼らの眼に移民大国・日本はどのように映っているのか? 
日本、中国、新疆ウイグル自治区、台湾をめぐり、国と国の境界線に立つ人々、「境界の民」に迫った傑作ルポ!!

<本書に登場する境界の民>
・日本で生まれ育った「無国籍者」。難民二世のベトナム人
・日本人も信用できない四面楚歌。懊悩するウイグル人
・夜都・上海に生きる軍閥の末裔。『文藝春秋』を愛読する中国人
・日系企業・メディアを見限った漢奸の日本人と中国人
・日本にも中国にも媚びない“ナショナル”を再構築する台湾人

※本書は2015年2月に小社より刊行された単行本を加筆修正の上、文庫化したものです。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「移民 棄民 遺民 国と国の境界線に立つ人々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日本にも千人スパンでいると聞いた無国籍な子供達の話(不法入国者の子供とか、育児放棄とか)かと思ったら違ってた。□国と地域が合致していない人達のルポ。日本の中で、大多数が日本以外の国籍の教室で過ごす子供 日本にも千人スパンでいると聞いた無国籍な子供達の話(不法入国者の子供とか、育児放棄とか)かと思ったら違ってた。□国と地域が合致していない人達のルポ。日本の中で、大多数が日本以外の国籍の教室で過ごす子供達。主宗国に抹殺されようとする民族。二国の狭間でどちらからも浮き上がってしまう人。故国へ帰れない人。寄る辺ない国。全部ひっくるめて、それでも人は生きられる、ってのがメッセージかな。人間ってのは国なんて物が存在しなくても、きちんと周囲と繋がって生きていける物だよ、と言われた気がした。□ネトウヨ系の人にお勧め。 …続きを読む
    Miyako Hongo
    2019年07月20日
    6人がナイス!しています
  • 2015年に出版された「境界の民」の文庫化である。中国情勢の変化は速いため、たった4年経過しただけでも種々の相違がある。しかし、前近代国家と異なり、近代国家が民族概念に焦点を当てることから、「境界の民 2015年に出版された「境界の民」の文庫化である。中国情勢の変化は速いため、たった4年経過しただけでも種々の相違がある。しかし、前近代国家と異なり、近代国家が民族概念に焦点を当てることから、「境界の民」が不可避的に生じる状況は普遍的であろう。極端に肩入れすることなく「境界の民」を炙り出す著者の技量が際立つ。中国におけるウイグル、チベット問題は簡単ではない。他方、日本の近代国家化における琉球、アイヌの状況についても意識的であるべき。また、在日概念が朝鮮・中国から越南ほかにも広がる状況も確りと受け止めるべき。 …続きを読む
    Hatann
    2019年06月15日
    5人がナイス!しています
  • 日本人や日本人との接点を持つ国と国の境界線に立つ人達を丁寧に取材したノンフィクション。この本に出てくる人たちばかりでなく、自分と異なる他人をどう理解するかも考えさせられました。 日本人や日本人との接点を持つ国と国の境界線に立つ人達を丁寧に取材したノンフィクション。この本に出てくる人たちばかりでなく、自分と異なる他人をどう理解するかも考えさせられました。
    yuga
    2019年06月08日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品