八九六四 「天安門事件」は再び起きるか

第50回 大宅壮一ノンフィクション賞
第5回 城山三郎賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041067352

第50回 大宅壮一ノンフィクション賞
第5回 城山三郎賞

八九六四 「天安門事件」は再び起きるか

  • 著者 安田 峰俊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041067352

1989年6月4日、中国の“姿”は決められた。タブーに挑む大型ルポ!

第50回「大宅壮一ノンフィクション賞」受賞!
第5回「城山三郎賞」受賞!


「“その事件”を、口にしてはいけない」
1989年6月4日、中国の“姿”は決められた。
中国、香港、台湾、そして日本。
60名以上を取材し、世界史に刻まれた事件を抉る大型ルポ!!
この取材は、今後もう出来ない――。

一九八九年六月四日。変革の夢は戦車の前に砕け散った。
台湾の民主化、東西ドイツの統一、ソ連崩壊の一つの要因ともされた天安門事件。
毎年、六月四日前後の中国では治安警備が従来以上に強化される。スマホ決済の送金ですら「六四」「八九六四」元の金額指定が不可能になるほどだ。
あの時、中国全土で数百万人の若者が民主化の声をあげていた。
世界史に刻まれた運動に携わっていた者、傍観していた者、そして生まれてもいなかった現代の若者は、いま「八九六四」をどう見るのか?
各国を巡り、地べたの労働者に社会の成功者、民主化運動の亡命者に当時のリーダーなど、60人以上を取材した大型ルポ
語り継ぐことを許されない歴史は忘れさられる。これは、天安門の最後の記録といえるだろう。

●“現代中国”で民主化に目覚めた者たち
●タイに亡命し、逼塞する民主化活動家
●香港の本土(独立)派、民主派、親中派リーダー
●未だ諦めぬ、当時の有名リーダー
●社会の成功者として“現実”を選んだ者、未だ地べたから“希望”を描く者 etc.
語ってはならない事件を、彼らは語った!!

もくじ

序章 君は八九六四を知っているか?
郭定京(仮名) 事件当時19歳、浪人生 取材当時41歳、書籍編集者
「八九六四」当時の所在地:中華人民共和国 北京市内 
取材地:中華人民共和国 北京市 東城区の大衆食堂   取材日:2011年12月9日 他  etc.

第一章 ふたつの北京
張宝成  事件当時30歳、家具店経営者 取材当時55歳、無職・前科二犯
事件発生時の所在地:中華人民共和国 北京市内 
取材地:中華人民共和国 北京市 某所  取材日:2015年4月5日  etc.

第二章 僕らの反抗と挫折
余明(仮名) 事件当時26歳、北京大学教員 取材当時52歳、旅行会社経営者
「八九六四」当時の所在地:中華人民共和国 北京市内
取材地:中華人民共和国 北京市東直門付近のスターバックス  取材日:2015年8月11日  etc.

第三章 持たざる者たち
姜野飛 事件当時21歳、自転車修理工 取材当時47歳、無職・難民申請中
「八九六四」当時の所在地:中華人民共和国 四川省成都市人民南路付近
取材地:タイ王国 バンコク市ヤワラート地区京華大旅社の喫茶室  取材日:2015年2月27日 etc.

第四章 生真面目な抵抗者
凌静思(仮名) 事件当時27歳、北京外国語大学夜間部大学生 取材当時53歳、司書
「八九六四」当時の所在地:中華人民共和国 北京市西城区
取材地:中華人民共和国 北京市某民間機関資料室  取材日:2015年8月  etc.

第五章 「天安門の都」の変質
 雨傘革命の学生たち、天安門を追悼する民主派、香港独立を訴える本土派、冷笑する親中派。香港の変質を抉る。

第六章 馬上、少年過ぐ
王丹 事件当時20歳、北京大学歴史学部大学生・「民主サロン」組織者・北京高校学生自治聯合会幹部
取材当時46歳、著述家・(台湾)国立中正大学客員助教授 「八九六四」当時の所在地:中華人民共和国 北京市内
取材地:中華民国(台湾) 台北駅付近のカフェ   取材日:2015年9月 etc.
ウアルカイシ(吾爾開希、ウルケシュ・デレット) 
事件当時21歳、北京師範大学教育学部大学生・北京高校学生自治聯合会幹部 
取材当時47歳、政治運動家・ビジネスマン 「八九六四」当時の所在地:中華人民共和国 北京市内
取材地:中華民国(台湾) 台中市内のホテル  取材日:2015年9月  etc.

終章 未来への夢が終わった先に   
あとがき
主要参考文献一覧


メディアミックス情報

NEWS

「八九六四 「天安門事件」は再び起きるか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 第50回(2019年)大宅壮一ノンフィクション賞。 天安門事件を扱った作品である。 中国の今を つくった事件を どう見ているのか …巻頭の1989年の若者たちの写真が 心に痛い。 天安門事件は もう過 第50回(2019年)大宅壮一ノンフィクション賞。 天安門事件を扱った作品である。 中国の今を つくった事件を どう見ているのか …巻頭の1989年の若者たちの写真が 心に痛い。 天安門事件は もう過去の話なのか?豊かに なった中国人は何を思うのか? あの時代の中国人が見た夢は 四半世紀が 過ぎ、叶ったのだろうか… かつてのリーダーたちが 辿った その後の人生も 印象的な作品だった。 …続きを読む
    遥かなる想い
    2019年09月01日
    148人がナイス!しています
  • 1989年6月4日、一つの可能性が戦車の下に散ってからもう29年。本当に面白かった。あの天安門事件に参加した人々のその後をインタビューを通じて明らかにしているのだが、それが抜群に面白い。体制に迎合して 1989年6月4日、一つの可能性が戦車の下に散ってからもう29年。本当に面白かった。あの天安門事件に参加した人々のその後をインタビューを通じて明らかにしているのだが、それが抜群に面白い。体制に迎合して社会的に成功した人、国外に脱出した人、運動に遅れてきた人、様々な立場の人を取材しているが、彼らの声を通じてこれまで単に歴史上の事件だった天安門事件が人々が参加した血の通ったものとして認識できたような気がする。政治的事件ではなく人々の営みとしての天安門、政治的に論ずる本ばかりの中で、本書は独特の光を放っている。 …続きを読む
    HANA
    2018年06月08日
    60人がナイス!しています
  • あの事件の当事者、傍観者だったが後に関与した人々等に事件の意義、現在への影響をインタビューする。意外に多いのが、単なる世間知らずの学生達による跳ねっ返りの行動だった、とする否定的見解である。リーダー格 あの事件の当事者、傍観者だったが後に関与した人々等に事件の意義、現在への影響をインタビューする。意外に多いのが、単なる世間知らずの学生達による跳ねっ返りの行動だった、とする否定的見解である。リーダー格の一人(王丹)の反省にもある様に、学生達は大衆的基盤や戦略的展望もないままにただ集まっていた。今も地道な権利獲得の活動に従事している人は僅かだし、習体制になってからそれも圧殺されつつある。インタビューされる相手の所在は国内に留まらず、日本・タイ等様々だ。台湾や香港から見た視点も提供されているのは貴重である。 …続きを読む
    ばたやん@かみがた
    2019年02月02日
    50人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品