境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年03月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041025383

境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々

  • 著者 安田 峰俊
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年03月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041025383

話題作『和僑』から2年。国民国家の「エラー」にされた民を追う濃厚ルポ!

なぜ女子大生は「無国籍者」となったのか? なぜ軍閥高官の孫は夜の街の住人となったのか? 国家という枠組みを取り払った場所で生きる人たちが、本当に大切にしているものは何か。彼らから見た日本とは――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「境界の民 難民、遺民、抵抗者。国と国の境界線に立つ人々」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「難民」という言葉から何を連想するか。最近シリア難民の話題を目にすることが多いこともあり、特殊で大変で弱くてかわいそう、そんなイメージを漠然と抱いていたことに改めて気づきました。「はじめに」の中にあっ 「難民」という言葉から何を連想するか。最近シリア難民の話題を目にすることが多いこともあり、特殊で大変で弱くてかわいそう、そんなイメージを漠然と抱いていたことに改めて気づきました。「はじめに」の中にあった小見出し、『マジョリティはマイノリティに同情する、ただし理解はしない』これがすべてを語っていると思った。 …続きを読む
    もじお
    2015年11月03日
    50人がナイス!しています
  • 知らない事ばかり…ちゃんとわかるかな?と心配しながら読み始めたけど、すごく読みやすかった。こちらが勘違いしてる事、知らないであろうことを提示しつつ、歴史や内情を順序良く説明してくれるから、そういうこと 知らない事ばかり…ちゃんとわかるかな?と心配しながら読み始めたけど、すごく読みやすかった。こちらが勘違いしてる事、知らないであろうことを提示しつつ、歴史や内情を順序良く説明してくれるから、そういうことなのか!へぇー、ふむふむ…となる。最初に持った「境界の民」という言葉のイメージとは違う、今そこに生きている人間を伝えてくれる。自分の感覚を次々に覆される面白さが良い。これって中国の現体制や日本のフィクサーにまで切り込んでいて、結構危ないのでは?と、そういう事に縁遠い私はドキドキしながら読みました。 …続きを読む
    ころりんぱ
    2015年04月08日
    45人がナイス!しています
  • かつてボート・ピープルと称されたベトナム難民と二世、中共の弾圧の国内外ウイグル人、活躍を求め大陸に渡った日本人、文革を生き残った中国人、政府に異を唱え国会を占拠した台湾の若者たち…読書前の彼らのイメー かつてボート・ピープルと称されたベトナム難民と二世、中共の弾圧の国内外ウイグル人、活躍を求め大陸に渡った日本人、文革を生き残った中国人、政府に異を唱え国会を占拠した台湾の若者たち…読書前の彼らのイメージは、健気で恵まれない「弱者」で、機会があれば助力するにやぶさかでない感覚は、知らす知らず彼らよりも上位であるかのように錯覚する優越。その気持ち良さが、本作に登場する、自らの勝手なイメージを彼らに強要し、そしてイデオロギーや金儲けに利用する、「日本人」たちと大差ないと気付かされた。 …続きを読む
    姉勤
    2016年06月08日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品