角川文庫

京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041069974
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道

  • 著者 円居 挽
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041069974

学園祭に時代祭、そして鉄道博物館――京都が舞台の青春と謎解き、第2弾!

散歩サークル「加茂川乱歩」の遠近倫人と、謎好き理系女子・青河幸の恋の行方は? 季節は初夏から冬。京都を舞台に雅な謎解きとじれったい恋模様が、季節感豊に描かれる古都お散歩ミステリー、第2幕。

もくじ

たまにはセドリー・オン・ザ・ロックスを/見えないブルー/撫子はもう好きじゃない/五分だけでも待って/ 銀叡電の夜

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「京都なぞとき四季報 古書と誤解と銀河鉄道」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリーズ第二弾ですが一段とパワーアップした感じがしました。 森見作品とは違う京大生の謎解きと恋の行方が面白かった。主人公の遠近君と憧れの青河さんの恋の行方を中心に色んな謎が2人の前に立ちはだかる。そこ シリーズ第二弾ですが一段とパワーアップした感じがしました。 森見作品とは違う京大生の謎解きと恋の行方が面白かった。主人公の遠近君と憧れの青河さんの恋の行方を中心に色んな謎が2人の前に立ちはだかる。そこに謎のバー『三号館』の妖艶な女性マスター蒼馬さんの謎解きカクテル登場で…。とあっという間の一冊でした。無茶な展開もあったけど面白かった! …続きを読む
    カメ吉
    2018年09月25日
    53人がナイス!しています
  • 幻の古書を探すため古本市でバイトを始めるが、不可解な万引き騒動に巻き込まれる遠近。さらに謎好きな青河さんともすれ違ってしまう第二弾。いい雰囲気と思っていた青河さんと思わぬ形で仲違いしてしまう急展開。灰 幻の古書を探すため古本市でバイトを始めるが、不可解な万引き騒動に巻き込まれる遠近。さらに謎好きな青河さんともすれ違ってしまう第二弾。いい雰囲気と思っていた青河さんと思わぬ形で仲違いしてしまう急展開。灰原・瓶賀がレギュラー的存在に定着して、神出鬼没に出現するようになったマスターとの距離感も変わる中、少しずつ人との距離のとり方を変えていった遠近の奔走もあって、だいぶ遠回りしましたが青河さんとまたきちんと向き合えるようになって良かったです。物語としてもいい感じになってきたので続巻あるならまた読んでみたいですね。 …続きを読む
    よっち
    2018年09月08日
    44人がナイス!しています
  • 前作が面白かったので、今回も購入。なかなか彼女との仲が進展しない遠近くんでしたが、今回は二転三転、おやおやこれはこれは…思ってたより小難しい方のようですな。同性としては灰原ちゃんの方がタイプですねー私 前作が面白かったので、今回も購入。なかなか彼女との仲が進展しない遠近くんでしたが、今回は二転三転、おやおやこれはこれは…思ってたより小難しい方のようですな。同性としては灰原ちゃんの方がタイプですねー私は。サービスゲストかなと思ってた瓶賀さんは、すっかりレギュラーだしファンとしては嬉しい限り。蒼馬さんと接触が無いのも何だかな…もしかしたらその正体はルヴォワールの…なんて、想像力も働きます! …続きを読む
    里愛乍
    2018年09月13日
    38人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品