京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041061367

京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ

  • 著者 円居 挽
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041061367

学生生活×恋×謎解き。古都の風景の中綴られる「京都あるある」ミステリ。

京都の大学の散歩サークル「加茂川乱歩」の遠近倫人の周りには、つねに謎が寄ってくる。同じサークルの謎解きが大好きな理系女子・青河幸の気を惹くため、奮闘するも、目の前の謎は手強いものばかり。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「京都なぞとき四季報 町を歩いて不思議なバーへ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 京大の都市伝説として語られる謎のバーに主人公遠近(トーチカ)がミステリーを持ち込みカクテルを飲み謎を解決する話。軽く読めて楽しめました。 京大の都市伝説として語られる謎のバーに主人公遠近(トーチカ)がミステリーを持ち込みカクテルを飲み謎を解決する話。軽く読めて楽しめました。
    ナイスネイチャ
    2018年12月21日
    125人がナイス!しています
  • 予想以上の楽しいライトミステリーでした。京都大学を舞台にした構内にある謎のバーとカクテルにまつわる設定が新鮮な感じでした。いままで万城目学、森見登美彦両氏の京大卒の京大が舞台の作品を読んできましたが、 予想以上の楽しいライトミステリーでした。京都大学を舞台にした構内にある謎のバーとカクテルにまつわる設定が新鮮な感じでした。いままで万城目学、森見登美彦両氏の京大卒の京大が舞台の作品を読んできましたが、それらより垢抜けした学生像が新鮮でした。ひとつの大きな謎は解決したけど、もうひとつの主人公の恋の行方が中途半端で残念…。 続編がもしあれば読みたいです。 …続きを読む
    カメ吉
    2018年01月04日
    64人がナイス!しています
  • 京大生、黒髪の乙女、片思い、何かに似てるなぁと思っていたけど、中身はしっかりミステリーだった。大学内に神出鬼没するバーの美女。お代として持ち込まれる日常の謎を解決していく。最後のほうまでバー「三番館」 京大生、黒髪の乙女、片思い、何かに似てるなぁと思っていたけど、中身はしっかりミステリーだった。大学内に神出鬼没するバーの美女。お代として持ち込まれる日常の謎を解決していく。最後のほうまでバー「三番館」は幻で蒼馬さんもあやかしの存在だと信じて読んでいた・・ …続きを読む
    aoringo
    2018年10月30日
    61人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品