クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041022450

クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ

  • 著者 円居 挽
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月02日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041022450

四季折々の色と謎が織りなす“京都あるあるミステリ”!

大学生の遠近綸人は気になる美少女、青河幸の気を引くために「謎」追う。大学の寮に場所、時間を問わず気がつくと開店している都市伝説バー「3号館の女マスター蒼馬美希の推理はいかに!?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「クローバー・リーフをもう一杯 今宵、謎解きバー「三号館」へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実に無難な一冊。無難ゆえに瑕疵もいくつか。①遠近があまりにも晩熟(おくて)過ぎ!←明治時代の恋愛かと思った ②青河の聡明ぶりが感じられない←変わってはいるが果たして賢いのか? ③本当に惚れていたらまず 実に無難な一冊。無難ゆえに瑕疵もいくつか。①遠近があまりにも晩熟(おくて)過ぎ!←明治時代の恋愛かと思った ②青河の聡明ぶりが感じられない←変わってはいるが果たして賢いのか? ③本当に惚れていたらまず病院に付き添うこと! ④ラストが陳腐! 思わず腰が砕けた。これはいただけない。もっと気の利いた一言があってもいいと思うが。 全体の雰囲気は嫌いじゃないだけに、もう少しきばってもらえたら、単なる謎解きで終わらない深みが出たのに。まあ、好きな人がいるのに年上の女性に魅かれる遠近の正直さは好感が持てるけどね。 …続きを読む
    だんじろー
    2016年03月23日
    73人がナイス!しています
  • 謎があれば京大に神出鬼没で現れるバー「三号館」へどうぞ。そこでは素敵なバーテンダーが気分次第で作るカクテルを愉しみながら謎を解き明かしてくれます。北山鴻氏の香奈里屋シリーズ同様、「こんな素敵なバーがあ 謎があれば京大に神出鬼没で現れるバー「三号館」へどうぞ。そこでは素敵なバーテンダーが気分次第で作るカクテルを愉しみながら謎を解き明かしてくれます。北山鴻氏の香奈里屋シリーズ同様、「こんな素敵なバーがあったら入り浸りたい!」と思わせてくれる酒好き呑兵衛&ミステリー好きには堪らない作品。「ジュリエットには早すぎる」で思わず、東横ッー!!と叫んでしまいました(笑)「名無しのガフ」の犯行動機にそんな阿呆な理由で素敵なバーに放火すんな、このド阿呆!と思いつつもルヴォワールシリーズのあの人の登場にニヤリとしました。 …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2015年07月01日
    70人がナイス!しています
  • ★★★☆☆ 京大+青春+ミステリという感じの内容。そんなにガッツリとしたミステリという訳でもないので、京都ガイドのような軽い気持ちで読める青春ストーリーだと思う。京都を知らない人には先述のように京都ガ ★★★☆☆ 京大+青春+ミステリという感じの内容。そんなにガッツリとしたミステリという訳でもないので、京都ガイドのような軽い気持ちで読める青春ストーリーだと思う。京都を知らない人には先述のように京都ガイド的側面もあるし、京都在住の人にとってはなかなかマニアックな記述もあったりして親近感沸きまくり。先斗町歌舞練場の辺りなんてよく行ったなあ、と懐かしんだ次第。「川床」の二つの読み方は初耳だったけれど。各章にカクテルの名を冠する等随所にこだわりが見られ、もしかすればシリーズ化も想定されているのかもと思ったり。 …続きを読む
    そうたそ@吉
    2014年11月21日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品