試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041069837

スパイ失業

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041069837

元スパイのアラフォー主婦に命の危険が迫るユーモアミステリー!

入院中の夫と中1の娘を抱える主婦のユリ。その正体は東ヨーロッパにある小国のスパイだった! 
しかし財政破綻で祖国は突然消滅、ユリが表の仕事である通訳に専念しようと決めた矢先、
駅のホームから突き落とされかけたり、派遣先のパーティ会場で大臣を狙う暗殺者に遭遇したりと、
周囲が騒がしくなる。ついには夫と娘にも危険が迫り、ユリは謎の敵に立ち向かう――。

すべては家族を守るため。戦う母のユーモアミステリー!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「スパイ失業」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 軽い読み物でありながらどんどん死体の山が積みあがっていく。人間模様に深みはないが、暖かい家族の絆がそれとなく作品に香りを添える、赤川次郎らしい作品。東欧ってみんなからはこのように思われているのか。政情 軽い読み物でありながらどんどん死体の山が積みあがっていく。人間模様に深みはないが、暖かい家族の絆がそれとなく作品に香りを添える、赤川次郎らしい作品。東欧ってみんなからはこのように思われているのか。政情不安定で秘密警察の残党がいろいろ悪いことをしてたり、ステレオタイプだなぁと思いながらそれも楽しんでみた。往年の名画『シャレード』を、ちらっと思い出した。 …続きを読む
    absinthe
    2020年06月03日
    166人がナイス!しています
  • ごく普通の主婦・伊原ユリの裏の顔は、東ヨーロッパの小国のスパイ。しかし雇い主・ポメラニア共和国が消滅。それから駅のホームから突き落とされそうになるし、暗殺者に遭遇したり、危険な事態に。スパイといえど、 ごく普通の主婦・伊原ユリの裏の顔は、東ヨーロッパの小国のスパイ。しかし雇い主・ポメラニア共和国が消滅。それから駅のホームから突き落とされそうになるし、暗殺者に遭遇したり、危険な事態に。スパイといえど、ユリは情報収集してただけで語学に堪能なぐらい。特殊能力は無くそのぶん、サスペンスフル。翻弄されるユリが家族の危機が迫ると、腹が据わったのかだんだん行動的になる。後半になると状況の主導権を握ったり、諜報員さながらの立ち回りをするのが痛快。赤川作品の中で特筆すべき内容ではないが、一定のアベレージには達している。 …続きを読む
    海猫
    2019年10月08日
    96人がナイス!しています
  • 中高生の頃著者の本読んだ時の楽しさ思い出したなあ。ちゃんと言うべき事は言っているわけだし。unlimitedにて。 中高生の頃著者の本読んだ時の楽しさ思い出したなあ。ちゃんと言うべき事は言っているわけだし。unlimitedにて。
    樋口佳之
    2020年06月03日
    28人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品