スパイ失業 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2019年01月24日
商品形態:
電子書籍

スパイ失業

  • 著者 赤川 次郎
発売日:
2019年01月24日
商品形態:
電子書籍

元スパイのアラフォー主婦に命の危険が迫るユーモアミステリー!

アラフォー主婦のユリはヨーロッパの小国のスパイをしていたが、財政破綻で祖国が消滅してしまった。入院中の夫と中1の娘のために表の仕事だった通訳に専念しようと決めるが、身の危険が迫っていて……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「スパイ失業」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ごく普通の主婦・伊原ユリの裏の顔は、東ヨーロッパの小国のスパイ。しかし雇い主、ポメラニア共和国が消滅。それから駅のホームから突き落とされそうになるし、暗殺者に遭遇したり、危険な事態に。スパイとはいえ、 ごく普通の主婦・伊原ユリの裏の顔は、東ヨーロッパの小国のスパイ。しかし雇い主、ポメラニア共和国が消滅。それから駅のホームから突き落とされそうになるし、暗殺者に遭遇したり、危険な事態に。スパイとはいえ、ユリは情報収集してただけで語学に堪能なぐらい。特殊能力は無くサスペンスフル。翻弄されるだけのユリが家族の危機が迫りだすと、腹が据わったのかだんだん行動的になる。後半になると状況の主導権を握ったり、諜報員さながらの立ち回りをするのが痛快。赤川作品の中で特筆すべき作品ではないが、一定のアベレージには達している。 …続きを読む
    海猫
    2019年10月08日
    60人がナイス!しています
  • 夫も子供もいる41歳女性がとある東ヨーロッパ小国のスパイ。その国がある日突然なくなりスパイ失業…娘もまだ学生だし夫も入院中で仕事を見つけないと!という始まりからとても軽快。いつものユーモアミステリだな 夫も子供もいる41歳女性がとある東ヨーロッパ小国のスパイ。その国がある日突然なくなりスパイ失業…娘もまだ学生だし夫も入院中で仕事を見つけないと!という始まりからとても軽快。いつものユーモアミステリだなぁと読んでいくのだが最後になるにつれて流石にツッコミを入れざるを得なかった!(スパイ失業、ならぬスパイがいっぱいでは?!)でも軽いものを読みたいという願いは叶えられた。 …続きを読む
    みみずく
    2019年03月03日
    9人がナイス!しています
  • ここまで生活感ありすぎる主婦も珍しい。まあ生まれが某国で、そこの諜報部員というのは割に納得いくけど。普通の生活から急展開で、国の隠し財産を探したり娘が誘拐されたりと、本当の諜報部員になっていく。結末は ここまで生活感ありすぎる主婦も珍しい。まあ生まれが某国で、そこの諜報部員というのは割に納得いくけど。普通の生活から急展開で、国の隠し財産を探したり娘が誘拐されたりと、本当の諜報部員になっていく。結末はそれなり面白かったけど、夫婦として成り立っていくかはちょっと不安な面もある。お色気で無い女性諜報部員というのは面白い。他も探して読んでみたくなった。 …続きを読む
    Masashi Matsuba
    2019年04月13日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品