角川ソフィア文庫

初歩から学ぶ生物学

生物は「いい加減」で「したたか」だ! 人気生物学者による入門書の決定版

発売日:
2019年03月23日
商品形態:
電子書籍
初歩から学ぶ生物学 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

初歩から学ぶ生物学

生物は「いい加減」で「したたか」だ! 人気生物学者による入門書の決定版

  • 著者 池田 清彦
発売日:
2019年03月23日
商品形態:
電子書籍

生物は「いい加減」で「したたか」だ! 人気生物学者による入門書の決定版

人はなぜ死ぬの? 心はどこにあるの? 進化や遺伝の仕組みとは? なぜオスとメスがいるの? 教科書以前の素朴な疑問から、具体例を厳選。断片的に専門知識を蓄えるのではなく、要点から体系的にわかりやすく解説。メディアで話題になる事柄も、基礎さえ押さえておけば、もっと理解が深まる! 文庫化にあたり、人類起源や免疫に関する最新の知見で大幅に改訂。いい加減でしたたかな生物の原理に迫る、恰好の入門書。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「初歩から学ぶ生物学」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 高校時代に数学と理科を潔く諦めた私は、ヒトゲノムをショッカーの怪人か何か?と勘違いするレベル(イカデビル?)だが、そんな私にも分かりやすく生物の不思議を教えてくれる本書。「新聞に出てくる理系の話題が分 高校時代に数学と理科を潔く諦めた私は、ヒトゲノムをショッカーの怪人か何か?と勘違いするレベル(イカデビル?)だが、そんな私にも分かりやすく生物の不思議を教えてくれる本書。「新聞に出てくる理系の話題が分かる程度に」という著者のスタンスが嬉しい。生命の誕生からヒトへの進化の過程までを網羅し、雄と雌が存在する必然性や、昆虫は3000種もいるのにヒトは1種しかいない謎、など興味深い話題をユーモアを交えながら楽しく解説してくれる。なんだかんだ難しい専門用語も出てくるが、それらをスルーしながら読んでも十分楽しめた。 …続きを読む
    じゃがー
    2019年03月21日
    35人がナイス!しています
  • 生命・発生学・多様性・進化・DNA・病理学など各種のエッセンスでまとめられている。文庫化で改訂されているので、iPS細胞、STAP細胞、ノーベル賞(本庶佑)などの記載もあった。腰を据えた再読で私が本当 生命・発生学・多様性・進化・DNA・病理学など各種のエッセンスでまとめられている。文庫化で改訂されているので、iPS細胞、STAP細胞、ノーベル賞(本庶佑)などの記載もあった。腰を据えた再読で私が本当に理解できるかどうか。 …続きを読む
    流石全次郎
    2019年05月13日
    1人がナイス!しています
  • 遺伝子の乗り物というよりは、複数の物質が特定の配置に着くことで始まった再帰的なシステムこそが生命であり、私たち人間は子孫を残すことで、そのシステムを永続させているという見解は新鮮だった。環境破壊につい 遺伝子の乗り物というよりは、複数の物質が特定の配置に着くことで始まった再帰的なシステムこそが生命であり、私たち人間は子孫を残すことで、そのシステムを永続させているという見解は新鮮だった。環境破壊についても、人間や現存する生物にとっては問題だが、地球自体や、他の存在し得る生命にとっては問題ではないという主張も頷ける。一読ではとても理解し切れなかったので、時間をあけて再読しようと思う。後半は専門用語が多くなってチンプンカンプンになった。理科系の科目は苦手で殆ど覚えていないが、それでも楽しく読める一冊だった。 …続きを読む
    未クソ社会学徒
    2019年05月02日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品