異神千夜

元寇の時代、すべてを操る美しき巫女がいた。傑作ダークファンタジー。

  • 著者 恒川 光太郎
  • 定価  円(本体円+税)
  • 発売日:2018年05月25日
  • レーベル:角川文庫

元寇の時代、すべてを操る美しき巫女がいた。傑作ダークファンタジー。

鎌倉の山中に庵を結ぶ僧に、謎めいた旅の男が語り聞かせる驚くべき来歴―数奇な運命により、日本人でありながら蒙古軍の間諜として博多に潜入した仁風。本隊の撤退により仲間とともに取り残されるが、やがて追われる身となった一行を、邪神「窮奇」に仕える巫女・鈴華が思いのままに操りはじめる。元寇に際して渡来した一匹の獣は姿形を変え、時に悠然とたたずみ、時に妖しく跳梁する。傑作ダークファンタジー。(『金色の獣、彼方に向かう』を改題)

文庫売上ランキング

最近チェックした商品