異神千夜

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041067796

異神千夜

  • 著者 恒川 光太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041067796

元寇の時代、すべてを操る美しき巫女がいた。傑作ダークファンタジー。

鎌倉の山中に庵を結ぶ僧に、謎めいた旅の男が語り聞かせる驚くべき来歴―数奇な運命により、日本人でありながら蒙古軍の間諜として博多に潜入した仁風。本隊の撤退により仲間とともに取り残されるが、やがて追われる身となった一行を、邪神「窮奇」に仕える巫女・鈴華が思いのままに操りはじめる。元寇に際して渡来した一匹の獣は姿形を変え、時に悠然とたたずみ、時に妖しく跳梁する。傑作ダークファンタジー。(『金色の獣、彼方に向かう』を改題)


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「異神千夜」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。『金色の獣、彼方に向かう』の版元替え再出版(絶版など理由はあると思うので構わないけど、タイトルは変えないで欲しい笑)。繋がっているようなそうでもないような、4つの物語。対馬に生まれ、数奇な運命を 再読。『金色の獣、彼方に向かう』の版元替え再出版(絶版など理由はあると思うので構わないけど、タイトルは変えないで欲しい笑)。繋がっているようなそうでもないような、4つの物語。対馬に生まれ、数奇な運命を辿って元寇に巻き込まれる表題作。自殺志願者か異界へ飛ぶ殉教者か、不思議な夢、穴を掘る男。恒川ールドに触れる度、この世界はいつだって常ならぬものを内包しているのだと感じる。裏側も異界も、それは切り離されたどこか遠くではなく、全部含んだ大きな大きな場所にきっと僕らは生きている。世界の懐は思っているよりずっと深い。 …続きを読む
    あも
    2018年12月23日
    84人がナイス!しています
  • [再読]ページを開くまで、改題だと気づきませんでした。読み始めると「金色の獣、彼方に~」の記憶が蘇ってくる。鼬のような獣が必ずいる。姿の見えない物語にも、確かな気配が漂っている。あの獣はなんなのか?向 [再読]ページを開くまで、改題だと気づきませんでした。読み始めると「金色の獣、彼方に~」の記憶が蘇ってくる。鼬のような獣が必ずいる。姿の見えない物語にも、確かな気配が漂っている。あの獣はなんなのか?向かった先はどこなのか?知りたいような、このままでいたいような、不思議な存在。短編を読み終わり、次に進む度に獣の気配を探してしまう。ついつい本当にいたらいいな、どこかに存在してヒトと少しだけ関わっていたら面白いなっと思ってしまう。久しぶりの恒川作品。物語に漂う空気が好きだなぁと再確認できました。 …続きを読む
    Rin
    2019年09月25日
    64人がナイス!しています
  • 4編の短編集。久々の恒川ワールドを堪能しました。ああやっぱり恒川さんの世界観好きだな。確かに怖い部分もあるのだけど、その怖さに妙に惹かれます。不思議な余韻がとても良い。表題作「異神千夜」が印象的。物語 4編の短編集。久々の恒川ワールドを堪能しました。ああやっぱり恒川さんの世界観好きだな。確かに怖い部分もあるのだけど、その怖さに妙に惹かれます。不思議な余韻がとても良い。表題作「異神千夜」が印象的。物語のラスト以降が気になります。彼らは無事に朝を迎えられたのか否か。「金色の獣、彼方に向かう」→こちらも彼らは何処に行ったのか。絵はがきのような映像は、まだ大輝とルークの繋りがあるということか。ルークがとても可愛かった。 …続きを読む
    もも
    2018年07月28日
    54人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品