角川文庫

熱き血の誇り(下)

白い人工血液に拘わる、社長秘書の失踪。うろんな事件の数々。驚愕の結末!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041067598
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

熱き血の誇り(下)

白い人工血液に拘わる、社長秘書の失踪。うろんな事件の数々。驚愕の結末!

  • 著者 逢坂 剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年11月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784041067598

白い人工血液に拘わる、社長秘書の失踪。うろんな事件の数々。驚愕の結末!

違法な人工血液を追っていた麻矢は、真相を知る元婦長・鳥飼キヨ子と連絡を取れ、焼津の海岸に呼び出されるがそのまま行方不明となる。友人でフリーカメラマンののぶ代は必死に彼女の行方を捜索するが杳としてしれなかった。しかし調べるうちに輸血を人工血液に代替えする病院がある新興宗教と通じていることを知る。一方、遠くスペインのカディスから一組の男女が幼い娘とともに逃避行してくる。彼らは事件に巻き込まれ殺し屋に追われていた。白い人工血液を巡って起きる数々の事件、全ての謎が一本の線で繋がっていった先に驚愕の結末が! 超一流の傑作エンタテインメント!

もくじ

寺町麻矢 〈八甲製薬〉秘書室員
秋野のぶ代 麻矢の友人・フリーのカメラマン
吉森卓郎 〈八甲製薬〉広報部員 麻矢の先輩
八十島甲吉  同・
筑波光彦  同・開発部長
岩戸良輔  静岡県警警備部外事価警部補
奥井 準  〈ユダの光〉医療相談員
鳥飼キヨ子  元三國医院看護婦長
ブロンセ  フラメンコの歌い手

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「熱き血の誇り(下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 新潮文庫から角川文庫へと換わった新刊。二十年前の作品。言葉使いが古く感じるのは、この作者の特徴だろうか。飽きずには読めたが、電車本かな。 新潮文庫から角川文庫へと換わった新刊。二十年前の作品。言葉使いが古く感じるのは、この作者の特徴だろうか。飽きずには読めたが、電車本かな。
    てつ
    2018年12月16日
    45人がナイス!しています
  • 古い作品みたいだけど気にならず、製薬会社や北朝鮮やスペインなど様々なこと出来事が綺麗につながっていくのが面白かった。 古い作品みたいだけど気にならず、製薬会社や北朝鮮やスペインなど様々なこと出来事が綺麗につながっていくのが面白かった。
    みなと
    2018年12月27日
    21人がナイス!しています
  • 帯の通り上巻下巻と一気読みしました。さくさく読めるんだけどいろんな話題が詰まっていていまいち入り込めず…。 帯の通り上巻下巻と一気読みしました。さくさく読めるんだけどいろんな話題が詰まっていていまいち入り込めず…。
    あや
    2019年01月15日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品