試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041047439

宝を探す女

  • 著者 逢坂 剛
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041047439

助けた女が持ちかけてきた埋蔵金探しの真相とは? 「岡坂神策」シリーズ!

岡坂神策は、ある晩ひったくりにあった女を助ける。が、なぜかその女は、東京御茶ノ水に埋まっているという幕末埋蔵金探しを持ちかけてきて(表題作)。失踪した男の近所で起こった殺人事件の真相。ある女子中学生が転落死した事故の謎。人気女優から依頼された、恋人の尾行調査の結末。「カティンの森事件」に埋もれた闇など、ハードボイルドの巨匠逢坂剛が描く5つの大人のサスペンス。「岡坂神策」シリーズ短編集。(『カプグラの悪夢』改題) 解説:千街晶之

もくじ

・カプグラの悪夢
・暗い森の死
・転落のロンド
・宝を探す女
・過ぎし日の恋
解説 千街晶之

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「宝を探す女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これも昔「カプグラの悪夢」という題名で出されていた短篇集です。岡坂神策シリーズの3作目の短編集。この5つの作品の中ではエンターテイメントとして面白いのは表題作とカプグラの悪夢でしょう。かなり工夫されて これも昔「カプグラの悪夢」という題名で出されていた短篇集です。岡坂神策シリーズの3作目の短編集。この5つの作品の中ではエンターテイメントとして面白いのは表題作とカプグラの悪夢でしょう。かなり工夫されていて込み入った感じがします。「カチンの森」の事件をあつかった「暗い森の死」も筆者の思いが伝わってきて力作という感じがしました。 …続きを読む
    KAZOO
    2017年12月31日
    97人がナイス!しています
  • 2001年8月講談社文庫「カプグラの悪夢」を改題修正し、KADOKAWA文庫。御茶ノ水近くの古いマンションの一室で「現代調査研究所」いわゆる何でも屋を営む岡坂神策。マンションの南側向いは、腐れ縁の弁護 2001年8月講談社文庫「カプグラの悪夢」を改題修正し、KADOKAWA文庫。御茶ノ水近くの古いマンションの一室で「現代調査研究所」いわゆる何でも屋を営む岡坂神策。マンションの南側向いは、腐れ縁の弁護士・桂本忠昭。北側の日当たりの悪い部屋が岡坂の事務所兼自宅。その岡坂が請負うちょっと風変わりな依頼が5編の短編で語られる。『宝を探す女』≪楽珍停≫おかみ比呂代が探す小栗上野介の幕府の御用金(御茶ノ水界隈に埋蔵されているという話)は興味深い。刑事でも探偵でもない不思議な男のミステリー。 …続きを読む
    ゆりのき
    2017年04月23日
    23人がナイス!しています
  • 岡坂シリーズは、前作の「緑の家の女」で知りました。今回も小洒落た感じの作風で面白かったです。あとがきでシリーズ1作目の本がわかったので読んでみたいです。 岡坂シリーズは、前作の「緑の家の女」で知りました。今回も小洒落た感じの作風で面白かったです。あとがきでシリーズ1作目の本がわかったので読んでみたいです。
    ふくろう
    2017年04月30日
    17人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品