試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041067420

黒い紙

  • 著者 堂場 瞬一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年09月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041067420

警察小説の旗手が放つ、企業謀略ミステリ!

大手総合商社テイゲンに、同社と旧ソ連の不適切な関係を指摘する文書が届いた。現会長の糸山が、30年前に旧ソ連のスパイ活動を行ったというものだった。警察に届けるわけにいかないテイゲンは、秘密裏に危機管理会社「TCR」に解決を依頼。元刑事の長須恭介が真相究明に動き出す。そして犯人から現金10億円を要求する第二の脅迫状が届けられた。長須は、正義とクライアントの利益に葛藤しながら、巨大企業の“闇”に挑む。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黒い紙」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★☆。訳ありを集めるTCRに入社した長須も訳あって警視庁を途中退職。警察と違う価値観の中働き始める。早々に30年前のソ連のスパイ事件という重たい事案を担当、その挫折、葛藤、奮闘を描く。殆ど先輩の指導 ★★☆。訳ありを集めるTCRに入社した長須も訳あって警視庁を途中退職。警察と違う価値観の中働き始める。早々に30年前のソ連のスパイ事件という重たい事案を担当、その挫折、葛藤、奮闘を描く。殆ど先輩の指導もなく一人で考え行動するが、時々美和のちゃちゃも入り混乱。でも最終的には周りの助けも得て解決、落ち着いた。絶対の正義ではなく、顧客の満足度を考え先を読み行動するというのはとても難しいこと。企業の出世競争により父親と自らの活躍の場を失った男の執念が30年後に爆発。切なさに胸が痛むが、長須の採用秘話に救われる。 …続きを読む
    Koji Eguchi
    2021年05月24日
    53人がナイス!しています
  • 心に傷を負い、警察を退職した主人公長須が転職先の危機管理会社で再生、復活する物語。前半、長須がウジウジ、煮え切らない感じが続くのが耐えられなく、落とし所が見えないことに挫折しそうになりました。後半、事 心に傷を負い、警察を退職した主人公長須が転職先の危機管理会社で再生、復活する物語。前半、長須がウジウジ、煮え切らない感じが続くのが耐えられなく、落とし所が見えないことに挫折しそうになりました。後半、事件は解決に向かってテンポが上がります。結末については、民間の調査機関のためスッキリしない感じ。 …続きを読む
    カブ
    2018年12月19日
    48人がナイス!しています
  • 長須グズグズと美和のサッパリ感でちょうど良いコンビか?美和は好きなキャラなのでこの先もコンビ組んで欲しい? 長須グズグズと美和のサッパリ感でちょうど良いコンビか?美和は好きなキャラなのでこの先もコンビ組んで欲しい?
    hippos
    2018年10月29日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品