試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041066034

切断

  • 著者 黒川 博行
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年10月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041066034

猟奇的な連続殺人の真相は?初期作品の中でも異彩を放つ、濃密な犯罪小説。

病室で殺された被害者は、耳を切り取られ、さらに別人の小指を耳の穴に差されていた。続いて、舌を切り取られ、前の被害者の耳を咥えた死体が見つかって――。初期作品の中でも異彩を放つ、濃密な犯罪小説!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「切断」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 黒川さん初期の作品。発見された死体は無残にも耳が削ぎ取られ、しかもその中には他人の切断された指が。連鎖する猟奇的殺人事件。一体犯人は誰なのか?そしてその目的は?一度ページをめくりだしたら止まらない、ノ 黒川さん初期の作品。発見された死体は無残にも耳が削ぎ取られ、しかもその中には他人の切断された指が。連鎖する猟奇的殺人事件。一体犯人は誰なのか?そしてその目的は?一度ページをめくりだしたら止まらない、ノンストップノベル。犯人はあの人しかないと思いつつも、それは絶対あり得ないというジレンマ。最後にその謎が解けた時。「やられた!」黒川さん、お見事です。「厄病神」シリーズのようなテンポの良さと、強烈なキャラはないものの面白かった。いや〜黒川作品にハズレ無しだね。★★★★ …続きを読む
    サンダーバード@読メ野鳥の会・怪鳥
    2019年02月19日
    89人がナイス!しています
  • 黒川さんの初期作品の新装版。最初から怪しい雰囲気で始まり、いきなりの殺戮シーン。うわっ!と思うのは時期尚早でして、ここからこの作品の面白さが味わえる。過去と現在を同時に語る構成になっているので、途中で 黒川さんの初期作品の新装版。最初から怪しい雰囲気で始まり、いきなりの殺戮シーン。うわっ!と思うのは時期尚早でして、ここからこの作品の面白さが味わえる。過去と現在を同時に語る構成になっているので、途中でン?て思う個所もあったりでストーリーにも犯人にも翻弄されながら読むことに。それだけに、犯人の動機、意図が見え隠れしながら、捜査側の状況も展開していくので面白い。ラストが単行本と文庫本では違うらしいのでそれも気になりつつの読了です。 …続きを読む
    タイ子
    2018年11月15日
    54人がナイス!しています
  • 黒川氏初期の作品とか。関西弁が飛び交う感じ…ここから疫病神シリーズに繋がっていくのかな?猟奇的連続殺人は、耳を切り取ったり、舌を切り取ったり、ヒェーッと思う場面も多々あったが、さすが!引き込まれる内容 黒川氏初期の作品とか。関西弁が飛び交う感じ…ここから疫病神シリーズに繋がっていくのかな?猟奇的連続殺人は、耳を切り取ったり、舌を切り取ったり、ヒェーッと思う場面も多々あったが、さすが!引き込まれる内容だった。関係者の過去と現在が交互に書かれ、犯人や動機がだんだんとわかってくる。悪意、身から出たサビ、兄妹愛…なんだか切なく物悲しい気持ちで読み終わった。 …続きを読む
    tomoko
    2019年01月27日
    41人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品