黒い森の記憶

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041065976

黒い森の記憶

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041065976

森はすべてを見ていた。初期の異色サスペンス!

深く黒い森の果て、かつて名医と呼ばれた老人が1人で暮らす山小屋へ、足を撃たれた男が転がり込んでくる。男は、世間を騒がせている連続少女暴行殺人事件の容疑者として追われていた。配達員にすら会わないほど人嫌いのはずの老人は、なぜか男を匿うことにする。同じ頃、老人のもとには差出人不明の不気味な小包が次々と届いていた……。

森の見せる悪夢に、人々はなすすべもなく呑み込まれていく。初期の異色サスペンス長編!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「黒い森の記憶」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 懐かしの復刻版。赤川次郎作品を読むのはうん十年ぶり。古いヒッチコック映画をじっくりみているような味わいがあった。でも60歳くらいの主人公を老人と呼ぶのはちょいと違和感が… 前期高齢者でもないのにね… 懐かしの復刻版。赤川次郎作品を読むのはうん十年ぶり。古いヒッチコック映画をじっくりみているような味わいがあった。でも60歳くらいの主人公を老人と呼ぶのはちょいと違和感が… 前期高齢者でもないのにね… これも時代なんだな。 …続きを読む
    小豆姫
    2019年01月25日
    7人がナイス!しています
  • 思っていたより淡々としたまま物語が終わってしまいました。ぞくぞくしてくる前に次の展開にいっちゃうテンポの速さにいまいち馴染めず…。 思っていたより淡々としたまま物語が終わってしまいました。ぞくぞくしてくる前に次の展開にいっちゃうテンポの速さにいまいち馴染めず…。
    Razgriz
    2019年01月24日
    5人がナイス!しています
  • 山奥にひっそり暮らす一人の老人。差出人不明の不気味な贈り物、連続少女殺人事件、逃亡犯などが、彼の平穏な生活を乱していく。しかし、老人も何か隠していることがあり、彼が連続殺人犯ではないか、と思わせる場面 山奥にひっそり暮らす一人の老人。差出人不明の不気味な贈り物、連続少女殺人事件、逃亡犯などが、彼の平穏な生活を乱していく。しかし、老人も何か隠していることがあり、彼が連続殺人犯ではないか、と思わせる場面もあったり、深く静かに老人の日常が崩れ始める。老人の心理描写なども巧みに描かれており、物語は二転三転していく。この著者としては、深いところまで書いており、印象に残った。 …続きを読む
    のん
    2019年01月23日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品