奇奇奇譚編集部 幽霊取材は命がけ

霊が見えるホラー作家、呪われる。

  • 著者 木犀 あこ

霊が見えるホラー作家、呪われる。

霊が見えるホラー作家の熊野惣介は、
怪奇小説雑誌『奇奇奇譚』での連載を目指して、
担当編集者の善知鳥とネタ探しを続けていた。
フィクションの存在のはずの怪人、
さびれた大観音像の内部に棲みついた霊、
不遇のアーティストが死を遂げた呪いの屋敷……。

ついに連載が実現しようとしたとき、
ひるんだ熊野に対して善知鳥が「欲がなさすぎる」と怒り、ふたりは険悪に。
熊野が胸に秘めている、“書かなければならない理由”とは?

文庫売上ランキング

最近チェックした商品