試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041062364

柳橋物語

  • 著者 山本 周五郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年03月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041062364

苦境の中にあっても、たくましく生き抜いてみせる――周五郎の名作第三弾!

気丈で働き者のおせんは、おとなしく控えめな庄吉と、乱暴者だが闊達な幸太の2人から相次いで求愛を受ける。幼さゆえに同情と愛とを取り違え、上方に修行へ行く庄吉の「待っていてくれるか」という言葉を受け入れた彼女は、しきりに会いに来る幸太のことをすげなく突き放す。たいへんな大火事が起きたのはそんな時だった。おせんは病気の祖父をかばって逃げ遅れ、窮地を救ってくれた幸太は、火に追われ逃げ込んだ川の中で、濁流にのまれ命を落としてしまう。火事で一切の身寄りをなくしたおせんは、幸太と不義を働いたという根も葉もない噂で心身ともに追いつめられてゆく。追い打ちをかけるように、月日を経て再会した庄吉からも幸太との不義を疑われ、婚約破棄を言い渡されて――。火事から町が復興し、柳橋がかけられるまでの日々に起きた、おせんという一人の女性の哀しくもたくましい愛の物語。他「生きる」ことへの悩みに真正面から向き合った『しじみ河岸』を加えた中編2作による名作集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「柳橋物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 表題作と短篇『しじみ河岸』。驚きは描かれたのは昭和20年代ということ。人間の本質は変わらないということか。 この作者の作品だから、きっと泣かされるだろうなとは思っていたけど、おもうつぼ。涙で大詰めは活 表題作と短篇『しじみ河岸』。驚きは描かれたのは昭和20年代ということ。人間の本質は変わらないということか。 この作者の作品だから、きっと泣かされるだろうなとは思っていたけど、おもうつぼ。涙で大詰めは活字がぼやけてしまった。ストーリーは大体予想がつくのだが。やはり絶妙な文章の技、描写の巧だった。本当の愛とは何か、人は何を頼りに生きていくべきなのか考えさせられた。『しじみ河岸』もみごとだった。花房律之助は父上の後悔をしっかり受け止め、正義が行われる世にしようと奮闘するが貧しさはそれを容易にはさせないようだ。 …続きを読む
    スリーピージーン
    2018年12月16日
    13人がナイス!しています
  • 恋に恋していた頃のおせん、庄吉の告白に胸ときめかせ約束を信じ守っていたが、度重なる災害に加え心無い誹謗中傷と裏切りで疲弊しきってしまう。下町は人情あふれるものが多い最近の時代小説とは異なる内容に辛くな 恋に恋していた頃のおせん、庄吉の告白に胸ときめかせ約束を信じ守っていたが、度重なる災害に加え心無い誹謗中傷と裏切りで疲弊しきってしまう。下町は人情あふれるものが多い最近の時代小説とは異なる内容に辛くなる。救いは助けてくれる人がいつもいた事と本当の恋に気づけたこと。 …続きを読む
    sai
    2018年04月25日
    9人がナイス!しています
  • 焼跡をおせんは歩き赤子は泣く お助け小屋に並ぶ、激しい経験で記憶が飛んでる 誰かを探さなきゃと この子幸坊ってあんたが言ったのさ 人別に書いたよ 町は変わって行く 私ここ知ってる分かってきたわ 庄吉っ 焼跡をおせんは歩き赤子は泣く お助け小屋に並ぶ、激しい経験で記憶が飛んでる 誰かを探さなきゃと この子幸坊ってあんたが言ったのさ 人別に書いたよ 町は変わって行く 私ここ知ってる分かってきたわ 庄吉ってのが聞くんだあんたの事 上方から帰ったからって あの子は誰の子だ、庄吉が聞く 誰の子か解らず人を騙しこの土地に 住んでほしくないと知った女が言う 庄さんが大工の入婿になると聞く おせんちゃんおらぁ辛かったぜと 又聞こえる五年苦しかったいつか好きに 分かったわあの火の中助けてくれ死んでいった幸さん 今分かった …続きを読む
    山内正
    2020年12月06日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品