雨あがる 山本周五郎短編傑作選

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048731812

雨あがる 山本周五郎短編傑作選

  • 著者 山本 周五郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年08月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
224
ISBN:
9784048731812

  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「雨あがる 山本周五郎短編傑作選」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「黒澤映画」の原作4篇。見事に映画化された『雨あがる』、ヒーロー「椿三十郎」とはまた違った可笑しみの滲む『日日平安』、いずれも貧しくとも「士」の矜持を腹の底に抱く男を朗らかに描いて爽快だ。遺作の脚本「 「黒澤映画」の原作4篇。見事に映画化された『雨あがる』、ヒーロー「椿三十郎」とはまた違った可笑しみの滲む『日日平安』、いずれも貧しくとも「士」の矜持を腹の底に抱く男を朗らかに描いて爽快だ。遺作の脚本「海は見ていた」となった『つゆのひぬま』『なんの花か薫る』は深川の端・海近くの置き屋が舞台。人の「しんじつ」とは何かを静かに問う傑作だ。山本周五郎の描く女はあたたかく、うつくしい。読みながら「この人に幸あれ」と祈りたくなる。4篇とも会話の部分が素晴らしく、言葉に載せない心持ちも読み手に届く。文庫版を購入したい。 …続きを読む
    kuri8655
    2013年02月26日
    34人がナイス!しています
  • 表題作が映画化されたタイミングで編まれたと思しき、黒澤明が脚本化した山本周五郎作品集。他に『椿三十郎』の元になった「日日平安」、『海は見ていた』(未見)の原作「つゆのひぬま」「なんの花か薫る」を合計4 表題作が映画化されたタイミングで編まれたと思しき、黒澤明が脚本化した山本周五郎作品集。他に『椿三十郎』の元になった「日日平安」、『海は見ていた』(未見)の原作「つゆのひぬま」「なんの花か薫る」を合計4編収録。「雨あがる」は映画、日下武司による朗読CD、の順で触れ、既読も同然と思っていたが、改めて文字で読んで、思わず泣けてくる良作。改めて映画の膨らませ具合にも感心。「日日平安」も三十郎のキャラクターに内容を引き寄せた、アダプテーションの見事さに今更ながら唸る。「なんの…」の結末に結構衝撃を受けた。 …続きを読む
    詩 音像(utaotozo)
    2014年09月06日
    11人がナイス!しています
  • 短編集。「なんの花か薫る」を読みたくて。どの作品もハッピーエンドというわけではないけれど人情というものをしみじみと感じることができる。 短編集。「なんの花か薫る」を読みたくて。どの作品もハッピーエンドというわけではないけれど人情というものをしみじみと感じることができる。
    ちびえみ
    2013年02月12日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品