試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041290101

春いくたび

  • 著者 山本 周五郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041290101

少年少女の心を惹きつけ、涙させた珠玉の短篇、初文庫化!

戦場に行く少年の帰りを待つ香苗。別れに手向けた辛夷を支えに、春がいくたびも過ぎていた――表題作をはじめ、健気に生きる武家の家族の哀歓を丁寧に、叙情的に描き切った秀逸な短篇集。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「春いくたび」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 安定の周五郎さんだった。テンポがよくてさくさく読み進められる。少年少女用なのかな、難解でもないし。けれど周五郎さんが作品を通していつもいつも語りかけている「信念」はしっかりと書かれている。自分も相手も 安定の周五郎さんだった。テンポがよくてさくさく読み進められる。少年少女用なのかな、難解でもないし。けれど周五郎さんが作品を通していつもいつも語りかけている「信念」はしっかりと書かれている。自分も相手も信じる力、諭す力、悟る力、許す力、忍ぶ力。。人間がいとも簡単に投げ捨て勝ちな様々な大切なことを、エンターテインメント小説の中で謳えるのは、周五郎さんならでは。一見、派手で面白さだけを追求したちゃんばら小説みたいなんだけれどね、でもしっかり読むと、ほらね。何かが心に残っている。最も信頼できる小説家。山本周五郎。 …続きを読む
    shizuka
    2016年09月14日
    51人がナイス!しています
  • 痛快な短編から始まる作品集に、思う存分堪能しました。やっぱり、山本周五郎さんは良い。それぞれの作品を読了するたびに、身体中に残る静かな余韻にどっぷりと浸れました。貧しい下級武士や、うまく出世の出来ない 痛快な短編から始まる作品集に、思う存分堪能しました。やっぱり、山本周五郎さんは良い。それぞれの作品を読了するたびに、身体中に残る静かな余韻にどっぷりと浸れました。貧しい下級武士や、うまく出世の出来ない実力者、裏切り者の汚名を着せられた家族などなど、登場人物たちの置かれた状況はそれぞれ違いますが、逃げずに問題に向き合っていく、その生き様に清々しくなるとともに、「あぁっ、このように生きていきたい」と、強く思わされました。山本周五郎さんは年代を問わず、幅広い方々に読んで貰いたい作家さんです。 …続きを読む
    シブ吉
    2013年03月31日
    46人がナイス!しています
  • 少年少女向けの短編小説集。とはいえ決して子供向けと侮ることはできない。表題作の「春いくたび」は信じて待つという気持ちの尊さを見事に表現している。作風は違うが三島由紀夫の「豊穣の海」の最後のシーンを思い 少年少女向けの短編小説集。とはいえ決して子供向けと侮ることはできない。表題作の「春いくたび」は信じて待つという気持ちの尊さを見事に表現している。作風は違うが三島由紀夫の「豊穣の海」の最後のシーンを思い出した。 …続きを読む
    南北
    2021年02月06日
    42人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品