試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041062357

五瓣の椿

  • 著者 山本 周五郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041062357

父を失い、少女は殺人に手を染める……。周五郎唯一のサスペンス小説!

家のために働きづめ、その挙句倒れて死んでしまった大切な父。その時母は浮気相手と不義密通を働いていた――。おしのが母をなじると、返ってきたのはおどろくべき言葉だった。「おしのちゃん、あなたの本当の父親はほかにいるのよ。」
母の不義を憎み、次々と母や、男たちに復讐を果たしながらも、不浄な血が流れている自身の存在に悩むおしの。最後の復讐相手、自分の本当の父親と直面したおしのがとった驚くべき行動とは――。犯した罪をどうやって償うべきか。サスペンス仕立てで語られる、罪と罰の物語。

メディアミックス情報

NEWS

「五瓣の椿」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 山本周五郎を読むのは初めて。母に対して、そして母と関係した人物の中から「おしの」が許せないと感じた人物に復讐していく、そんなお話。注釈が多くそしてそれを確認しながら進んだのでテンポが悪いまま進む。「あ 山本周五郎を読むのは初めて。母に対して、そして母と関係した人物の中から「おしの」が許せないと感じた人物に復讐していく、そんなお話。注釈が多くそしてそれを確認しながら進んだのでテンポが悪いまま進む。「あらすじ」まんまの展開で作者が読み手に何を訴えたかったのかよく分からなかった。お父さんがおしのに求めていたことはそんな事だったのかな?そんな訳はないよね。復讐ものはただただ悲しい。幸せって、人間てなんなんだろうね。赦せたら違う世界が見えるだろうけどそんな世界に興味はないか。★★★☆☆ …続きを読む
    Take@磨穿鉄靴
    2021年05月17日
    43人がナイス!しています
  • 有栖川有栖「ミステリ国の人々」から。薬種屋・むさし屋の娘おしのが働き者だった最愛の父を亡くし、遊び歩いてその死に目に立ち会わなかった母に非情な現実を突きつけられたところから物語が動き出す。心根の優しい 有栖川有栖「ミステリ国の人々」から。薬種屋・むさし屋の娘おしのが働き者だった最愛の父を亡くし、遊び歩いてその死に目に立ち会わなかった母に非情な現実を突きつけられたところから物語が動き出す。心根の優しいおしのが己の身を呪い、母親の浮気相手に復讐を果たす度に嘔吐する様は前述のエッセイの記述通り、本当に痛々しい。やがて徐々に真実に近づく与力・青木と出会い、彼に疑われるなかでおしのの復讐は完全に果たされるのか、それともーー。ウィリアム・アイリッシュあたりの欧米のサスペンスを日本の時代劇に換骨奪胎したような良作。 …続きを読む
    Yuki
    2018年04月01日
    28人がナイス!しています
  • これ映画もあるようだ ミネバ これ映画もあるようだ ミネバ
    fseigojp
    2019年07月08日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品