角川文庫

95

『イノセント・デイズ』の著者が描く、最強青春エンタテインメント!

  • 著者 早見 和真
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041062289
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

95

『イノセント・デイズ』の著者が描く、最強青春エンタテインメント!

  • 著者 早見 和真
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年02月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041062289

『イノセント・デイズ』の著者が描く、最強青春エンタテインメント!

95年、渋谷。平凡な高校生だった秋久は、縁のなかった同級生グループに仲間入りさせられ、刺激的な毎日を過ごすようになる。だがリーダーの翔が何者かに襲撃され、 秋久は立ち上がる・・・・・・。

人物相関図

おすすめコメント

普通の男の子が、環境の変化とともに急速に大人になる話というのは、青春小説の醍醐味そのもの。それをさらにオウム事件と結びつけて、とてもおもしろいなあと思いながらページをめくりました。
――速水健明さん(『1995年』著者・ライター)

私たちが生きた「あの頃」、絶望と欲望の真ん中で世界はいつも終わりそうに輝いていました。今ではもう遠いおとぎ話のような、“刹那の瞬間”の物語。
――打矢麻理子さん(元『S cawaii!』編集者・78年生まれ)

真冬の渋谷の凍てつく寒さと、主人公たちの沸騰するような血肉の熱さ。読みながら、思わず彼らと一緒に雄叫びをあげそうになりました。
――森義隆さん(映画監督・79年生まれ)

ページをめくるたびに目の前によみがえる「あの頃」。ダサい大人になってないか?走り続ける主人公たちに、尻をたたかれた気分です。
――渡辺淳基さん(新聞記者・79年生まれ)

95年を駆け抜けた主人公たちに胸倉を掴まれたので今に向き合ってみたら、驚くほどカッコ悪い大人になっていることに気付いて、涙が出てきた。
――永井拓郎さん(映画プロデューサー・77年生まれ)

トピックス

著者紹介

早見 和真 (はやみ かずまさ)

1977年、神奈川県生まれ。2008年、『ひゃくはち』で作家デビュー。
同作は映画化、コミック化されベストセラーとなる。14年、『ぼくたちの家族』が映画化、15年、『イノセント・デイズ』が第68回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した。
他著に『スリーピング・ブッダ』『東京ドーン』『6 シックス』『ポンチョに夜明けの風はらませて』などがある。

最近チェックした商品