私の大阪八景

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041061336

私の大阪八景

  • 著者 田辺 聖子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041061336

戦争のある日常。でも、女学生は大阪でひたむきに生きる。自伝的小説集。

〈上の天神さん〉の境内で行われるラジオ体操。カタコラカタコラ下駄履きで集まると、在郷軍人の小父ちゃんが台に上って号令をかけていた。/トコのちぢれ毛をまっすぐにして下さい。中原淳一の絵の女の子みたいにして下さい。/チョロ松と二人で、ゆぶねに腰かけて唱歌をうたった。「旅順開城 約なりて 敵の将軍ステッセル 乃木大将と会見の 所はいずこ水師営」/あとを頼むぞ、とか何とかいって戦地へいくと、若い盛りにパッと桜のように散る。そしてほめられる、新聞にのる、勲章をもらう、みんなに泣かれる、いい気なものだ。男のほうが人生の花を独り占めして、女はカスの部分をつかまされる。/日常のささやかな描写の中にすべて戦争が描き込まれた名連作短篇集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「私の大阪八景」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 日常の中に戦争がある風景をまざまざと見せられました。体が資本の日々だからこその男尊女卑の辛さがあるような気がします。男性は出征という名ばかりの名誉のために花のようにもてはやされ、女性はただ戦時下の日常 日常の中に戦争がある風景をまざまざと見せられました。体が資本の日々だからこその男尊女卑の辛さがあるような気がします。男性は出征という名ばかりの名誉のために花のようにもてはやされ、女性はただ戦時下の日常でひっそりと暮らすしかなかったのですね。そんな中でも中原淳一の絵を愛でたり、教会に行ってみたり、ささやかな日常を大切にしている姿に惹かれました。おせいさんが戦争を生きたからこそ生まれた作品。戦争を知らない世代ですが、心に刺さるものがありました。 …続きを読む
    優希
    2017年09月10日
    97人がナイス!しています
  • 主人公トキコの多感な時代は目まぐるしかった。悪化する一途の戦局、空襲、敗戦、戦後復興、怒涛の時代はトキコにとって、女児から少女、大人へ成長していく時代でもあった。生活の全てが深刻に不足する時代、全編に 主人公トキコの多感な時代は目まぐるしかった。悪化する一途の戦局、空襲、敗戦、戦後復興、怒涛の時代はトキコにとって、女児から少女、大人へ成長していく時代でもあった。生活の全てが深刻に不足する時代、全編に漂う戦争の生々しさ。成長していくトキコの瑞々しい感性、根っから大阪人のユーモア、厳しい戦局との対比はとてつもなく切ない物語に私は感じた。良書だ。 …続きを読む
    Shoji Kuwayama
    2018年10月25日
    57人がナイス!しています
  • 戦時下における国民の生活。トキコが少女から大人の女性になる過程で軍国主義の色が強くなったりキリスト教にハマったり、女性版「少年H」のようでした。残酷なシーンはないにも関わらず作者が戦争経験者だからこそ 戦時下における国民の生活。トキコが少女から大人の女性になる過程で軍国主義の色が強くなったりキリスト教にハマったり、女性版「少年H」のようでした。残酷なシーンはないにも関わらず作者が戦争経験者だからこそ描ける戦時下の街並、空襲後の異臭、学生生活、戦後の人の変わり様など細かく伝わりました。戦争が悪とかアメリカが悪とか単純なテーマではない、生まれた時から戦争はあり青春時代も国に尽くした少年少女がいたこと、生き残った人々が飢えながらも前を向いて生きてきたこと等、多くを語らずして多くを訴えてくる良作だと思います。 …続きを読む
    2017年12月12日
    45人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品