試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044000356

おくのほそ道を旅しよう

  • 著者 田辺 聖子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044000356

芭蕉の足跡を追って、旅するように古典を楽しむ

みちのくは遠い。生きて戻れるだろうか――。
江戸の都の名利を捨てて、晩年の芭蕉は遥か東北へ旅立つ。
それは新境地を切り開くために、この世と人生の生々流転を見つめる旅路だった。

そして三百年あまり。芭蕉の足跡を慕う上方の作家、
田辺聖子もまたおくのほそ道へと旅立った。
気むずかしい爺さんにみえていた芭蕉は、やがて、
人生という旅路のやさしい友の顔を見せるようになる。

原文の滋味を掬い古典へと誘う紀行エッセイ。

(『「おくのほそ道」を旅しよう』改題)

もくじ

・旅立ち
・白河の関こえて
・壺の碑
・つわものどもが夢のあと
・羽黒山の三日月
・甲の下のきりぎりす
・蛤のふたみの別れ


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「おくのほそ道を旅しよう」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「片雲の風にさそわれて漂泊の思ひやまず」死を覚悟し古人を偲び、みちのくの歌枕を巡る芭蕉。その背を追いつつ自然の美しさに感応し古人のロマンを追体験する芭蕉像に熱き眼差しを向け「いい男だなぁ、芭蕉は。」と 「片雲の風にさそわれて漂泊の思ひやまず」死を覚悟し古人を偲び、みちのくの歌枕を巡る芭蕉。その背を追いつつ自然の美しさに感応し古人のロマンを追体験する芭蕉像に熱き眼差しを向け「いい男だなぁ、芭蕉は。」とつぶやく田辺さんの旅は、縦横無尽に古典への博識が冴える。時空を往来し、そばを食べ、温泉に浸る田辺さんが愛らしい。初秋の紺青の日本海の荒波に芭蕉の感傷の吐息と波の音に流人の嗚咽を聞く田辺さんの文章に芭蕉の端正で凛凛と響く文章の美しさが素晴らしい。風雅の道へ飛翔する魂と出会い軽やかに筆を運ぶ田辺さんの旅は楽しい。 …続きを読む
    都わすれ
    2017年07月24日
    52人がナイス!しています
  • 行く春や田辺聖子は初太刀かな。著者に、カメラマンの亀さん、編集者嬢の妖子、強力嬢のひい子のご一行は芭蕉・曾良の足跡をたどりつつ北へ北へ。道中譚にはさまれた芭蕉の句は(誤解を恐れずに云えば)「わかり易い 行く春や田辺聖子は初太刀かな。著者に、カメラマンの亀さん、編集者嬢の妖子、強力嬢のひい子のご一行は芭蕉・曾良の足跡をたどりつつ北へ北へ。道中譚にはさまれた芭蕉の句は(誤解を恐れずに云えば)「わかり易い」と感じた。幾万語を重ねても表現しかねるほどの歴史と風景とそれに伴う情動を切り取って、「わかり易い」言葉でポンっと詠んでしまうところが凄いのだろうか?はたして芭蕉の句は芭蕉でなければ作れないものだろうか?芭蕉の巧みさをよく理解できていない私にとっては、同行四人の”くだけた”感じがココロの支えになった。 …続きを読む
    壮の字
    2020年01月18日
    48人がナイス!しています
  • 松尾芭蕉の人間性が少し分かって良かったです。ユーモア好きの優しい人だったんですね。 松尾芭蕉の人間性が少し分かって良かったです。ユーモア好きの優しい人だったんですね。
    けいこ
    2016年11月13日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品