試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041060575

警視庁53教場

  • 著者 吉川 英梨
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年10月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041060575

「学べ。お前は教場一の落ちこぼれだ」 警察学校小説シリーズ、始動!!

警察学校教官・守村が首吊り死体で発見された。捜査一課の五味は、府中署の綾乃とともに捜査に乗り出す。守村は五味の警察学校時代のクラス(教場)の仲間だった。恋心を抱いた同期、自殺した問題児、旧陸軍学校だった中野校から新設された府中校への移転。当時の出来事が守村の死に関わっているのか? 妻を亡くし、忘れ形見の娘と暮らす五味は、かつての仲間たちを調べ始めるが――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「警視庁53教場」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 本作は、警察大学校を舞台に、そこに関わる警察官たちの様々な心の闇や葛藤にスポットをあてるシリーズの初回作だ。主人公は、警視庁捜査1課の刑事・五味京介。義理の娘と二人暮らしの彼は、かつての教場同期生だっ 本作は、警察大学校を舞台に、そこに関わる警察官たちの様々な心の闇や葛藤にスポットをあてるシリーズの初回作だ。主人公は、警視庁捜査1課の刑事・五味京介。義理の娘と二人暮らしの彼は、かつての教場同期生だった教官の自死に不審な点を見つけ、所轄の女性刑事と共に捜査を命じられる。現在と過去を行き来しながら進むストーリーは、登場人物たちの苦悩を徐々に浮き彫りにしてゆく。事件の真相はもちろん気になるが、五味自身に加え、彼を取り巻く人間模様が、シリーズの展開と共にどう変わっていくのか、今後に向けた興味は尽きない。 …続きを読む
    utinopoti27
    2021年08月22日
    153人がナイス!しています
  • 警察学校の守村教官が首吊り自殺をする。その死に疑問を持つ彼の警察学校時代同期で同じ教場の今は警視庁捜査一課の刑事五味。現在の警察学校と16年前中野にあった警察学校を交互に物語は進む。16年前にいったい 警察学校の守村教官が首吊り自殺をする。その死に疑問を持つ彼の警察学校時代同期で同じ教場の今は警視庁捜査一課の刑事五味。現在の警察学校と16年前中野にあった警察学校を交互に物語は進む。16年前にいったい何があったのか。全てはここから始まっていた。そして真実、正義であってもそれが握りつぶされてしまう組織の怖さがある。シリーズ物の一作目だが今後のプロローグでもある。五味と同期で今後も絡みのある高杉は、個性が強くなかなか魅力的だし、これからのふたりの展開も楽しみである。テンポがあがっての終了。次も行かざるをえない …続きを読む
    モルク
    2020年07月12日
    109人がナイス!しています
  • シリーズ一作目。面白すぎて一気読み。とにかく先が気になって気になって。五味さんの心の葛藤は読むのが辛かった。 シリーズ一作目。面白すぎて一気読み。とにかく先が気になって気になって。五味さんの心の葛藤は読むのが辛かった。
    ゆみきーにゃ
    2020年02月15日
    100人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

吉川 英梨(よしかわ えり)

1977年埼玉県生まれ。「女性秘匿捜査官・原麻希」シリーズ、「新東京水上警察」シリーズなど著作多数。

最近チェックした商品