中尉 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2017年07月25日
商品形態:
電子書籍

中尉

  • 著者 古処 誠二
発売日:
2017年07月25日
商品形態:
電子書籍

現地民と歩兵の心の闇、緊迫する心理戦、知られざる真実。戦争小説の白眉。

現地民と歩兵の心の闇、緊迫する心理戦、知られざる真実――敗戦間近の英国領ビルマを舞台に、ペスト罹患者の封じ込めにやっきになる村に派遣されてきた日本人の中尉と、その警備にあたる軍曹の心理を描いた戦争小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「中尉」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦争を知らずにぼくらは育った。言い訳なのかと解釈しながら歌ったフォーク。日本の敗色で再び民族独立の気運が高まるビルマにとって日本兵の力、特に将校のそれが必要とされた背景も大きい。反英ゲリラに拐われた軍 戦争を知らずにぼくらは育った。言い訳なのかと解釈しながら歌ったフォーク。日本の敗色で再び民族独立の気運が高まるビルマにとって日本兵の力、特に将校のそれが必要とされた背景も大きい。反英ゲリラに拐われた軍医の行方、収容所に出没するリクルーター、参加を求める日本語の書面、軍医中慰の本心は薮の中。現地に残りビルマやインドシナの解放戦線に参加した日本兵の気持ちを知りたくなった。マラリアによるシニ温度を経てそれ以前と以後でまるで別人のように人物評価が別れる軍医中慰。死線から生還し人が変わってしまう例はいくつもある。 …続きを読む
    ケンイチミズバ
    2017年08月14日
    59人がナイス!しています
  • 戦争末期と捕虜収容期のビルマ(現ミャンマー)。話の中心は護衛の下士官から見た軍医の話。舞台は前線ではなく奥まった集落でのペスト患者の治療と防疫。軍医が武装集団に誘拐された事件の前後にスポットを当てなが 戦争末期と捕虜収容期のビルマ(現ミャンマー)。話の中心は護衛の下士官から見た軍医の話。舞台は前線ではなく奥まった集落でのペスト患者の治療と防疫。軍医が武装集団に誘拐された事件の前後にスポットを当てながら話は動いていく。話の切り口が非常に珍しい。そして消えた軍医の行方の推測、考察が緻密。反芻しながら読み進むので実際より頁数が多かったように感じる。段々中尉の抱えた事情などが解ってきて彼は終戦を迎えても帰るべき祖国を失ってたのかと切なくなる。話は最後まで憶測の域を出なかったが、敬虔な仏教徒のこの国が⇒ …続きを読む
    机上のクローン
    2019年11月05日
    26人がナイス!しています
  • 昼行燈めいた軍医中尉の指揮下、ビルマでペスト封じ込めに当たった下士官が何を体験したか、頑固で実直なその視点を通し綴る戦争小説。著者の作品は常にそうだが、戦争について書く事は要するに人の心について書く事 昼行燈めいた軍医中尉の指揮下、ビルマでペスト封じ込めに当たった下士官が何を体験したか、頑固で実直なその視点を通し綴る戦争小説。著者の作品は常にそうだが、戦争について書く事は要するに人の心について書く事なのだと、明瞭な自覚を伴った筆が非常に読ませる。若い世代が何故戦争を活写出来るのか不思議がる言説も多く見るが、これも恐らく著者が普遍/不変の心理について書いているから、なのだろう。外からは窺い知れない他者の頭の中にある真実へ寄り添う為、ミステリ的手法でリドルストーリーに仕立てた企図も堂に入った物で唸らされた。 …続きを読む
    ふじさん
    2022年01月22日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品