試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

ニコカド祭り2020
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041058565
ニコカド祭り2020

燃える水

  • 著者 河合 莞爾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年05月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
272
ISBN:
9784041058565

横溝賞作家が描く、リストラ本格ミステリ!

中小電機メーカーの技術者曽根が自宅で謎の感電死を遂げた。中途採用で人事課に配属された平原は社長から命を受けて調査に乗り出す。平原は、曽根が商品開発の過程で「水が燃えた」と呟いていたことを掴むが……。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「燃える水」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大手企業をリストラされた社員が再就職先で課せられたのは何とリストラ通告係だった!全く想像つかないタイトルの意味は早々にプロローグで思わせぶりに明かされるが、すっかり置いていかれる…企業小説の作風や理系 大手企業をリストラされた社員が再就職先で課せられたのは何とリストラ通告係だった!全く想像つかないタイトルの意味は早々にプロローグで思わせぶりに明かされるが、すっかり置いていかれる…企業小説の作風や理系の説明が多いものの、堅いことなくむしろコミカルさを楽しめる。彼の空回りの奮闘が続く中、徐々に冒頭で語られた『燃える水』に結び付いていく様にニヤリ♪分かりやすく予測させ、ほぼ解決した気にさせといて微妙に気になる事柄を残す河合さんらしさが歯痒くもたまらない!唯一の死の真相に辿り着くきっかけはマニア過ぎるけど(笑) …続きを読む
    nobby
    2018年07月24日
    136人がナイス!しています
  • 序盤はリストラの話?とおもいきや中盤以降で燃える水の話になっていきます。リストラの話は嫌な感じですが中盤以降は面白かったです。 序盤はリストラの話?とおもいきや中盤以降で燃える水の話になっていきます。リストラの話は嫌な感じですが中盤以降は面白かったです。
    ダイ@2019.11.2~一時休止
    2018年06月27日
    99人がナイス!しています
  • ストーリーはある大手企業をリストラされた平原が、中小企業の人事課長として雇われることから始まります。彼に課せられたのはなんとリストラの打診。大企業にいたときとは比べ物にならないほど彼は頭を使い…。プロ ストーリーはある大手企業をリストラされた平原が、中小企業の人事課長として雇われることから始まります。彼に課せられたのはなんとリストラの打診。大企業にいたときとは比べ物にならないほど彼は頭を使い…。プロローグにより、題名の意味は分かるのですが、それがその後どう関わってくるのか、気になって夢中でページをめくりました。ちょっと科学的物理的な説明が多いのですがなんとなくわかる程度で問題ないです。いままでの河合さんとはちょっと毛色が違い、企業小説に近いのですが、最後の最後まで引っ張られ、とても楽しみました。 …続きを読む
    aquamarine
    2018年07月20日
    97人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品