デッドマン

第32回 横溝正史ミステリ大賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041017654

第32回 横溝正史ミステリ大賞

デッドマン

  • 著者 河合 莞爾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年08月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041017654

綾辻行人が推薦した横溝賞大賞受賞作、ついに文庫化!

身体の一部が切り取られた猟奇死体が次々と発見された。鏑木率いる特別捜査班が事件を追う中、死体から蘇ったという男からメールが届く。自分を殺した犯人を突き止めるために協力したいとあり…。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「デッドマン」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 他の読書家さんのレビューを見て気になったシリーズ。横溝賞はぶっちゃけ知らない作家が多い。本格+警察小説+社会派+異常殺人系のハイブリッドを狙ったのだろうか。おいしいとこ取りに見えますが、この頁数では書 他の読書家さんのレビューを見て気になったシリーズ。横溝賞はぶっちゃけ知らない作家が多い。本格+警察小説+社会派+異常殺人系のハイブリッドを狙ったのだろうか。おいしいとこ取りに見えますが、この頁数では書き込み不足は仕方がないか。この手のミステリジャンルちゃんぽんの中では、やや本格色が強めな事で今後に期待。今作も参考文献が占星術殺人事件で、シリーズ3作品目は密室物?みたいなので。警察小説としての側面にもう少し厚みが出てくると、ひょっとすると激ハマリするかもしれない。作品単体での評価としてはややパンチ不足かな。 …続きを読む
    W-G
    2016年06月25日
    166人がナイス!しています
  • 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作。頭部のない死体が発見されたことを皮切りに、胴体・両手・両足それぞれが切断された6件の殺人事件が発生。物語は「鏑木」を中心に犯人を追う刑事と、死体を繋ぎ合わせ蘇生させ 第32回横溝正史ミステリ大賞受賞作。頭部のない死体が発見されたことを皮切りに、胴体・両手・両足それぞれが切断された6件の殺人事件が発生。物語は「鏑木」を中心に犯人を追う刑事と、死体を繋ぎ合わせ蘇生させられたと思われる「デッドマン」の二視点で進行し、犯人はどういった人物で目的は何なのかが焦点となる。何というか全体的にサラッと…という印象。刑事たちの「如何にも」というキャラに作り過ぎ感があり、終盤の犯人との対峙もサスペンスドラマ調な気がした。だが一連の真相についての発想は面白く読みやすい。次作も期待。 …続きを読む
    Yoko Omoto
    2014年10月04日
    147人がナイス!しています
  • 麻布十番、スポーツジムの経営者の自宅マンションで首が切り取られた死体が発見されれる。警視庁捜査一課鏑木警部補は捜査を命じられるが、殺害現場に違和感を感じる。さらに胴体のない死体、片腕、片足のない死体が 麻布十番、スポーツジムの経営者の自宅マンションで首が切り取られた死体が発見されれる。警視庁捜査一課鏑木警部補は捜査を命じられるが、殺害現場に違和感を感じる。さらに胴体のない死体、片腕、片足のない死体が次々発見される・・連続猟奇殺人、捜査は難航するが、ある日、6人の死体から切り取られた部分で蘇生した死人「デッドマン」から告発のメールが届く・・6人の被害者そしてデッドマンとは何者、45年前に行われた精神外科手術、鏑木警部補の捜査勘、警察科学研究所澤田のプロファイル・・驚愕の真相が明らかになる。奇抜だが良作。 …続きを読む
    たっくん
    2017年09月23日
    142人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

頭部がない死体、胴体がない死体、手または足がない死体……計6体の死体が発見された。このあらすじから残酷でおぞましい事件を扱った作品だという先入観で読み始めた。でも、ラストで完全に覆されました。読後の今、真実を知って哀しく、それでいて少し救われてすっきりした気持ちになった。(あすなろさん)

まず、作品内で起きる連続猟奇殺人事件が、昔読んで度肝を抜かれた有名なミステリ作品を彷彿とさせるものだったので、冒頭から引き込まれドキドキしながら読みました。丁寧に伏線が張り巡らされ、事件の真相が一気に明かされるラストには驚愕と感動がありました。(ますほさん)

ミステリーを読んだのは久しぶりだった。これが初めての著作とは思えない丁寧な人物描写、緻密な伏線、すべてが私の心をしっかり捕らえて放さず、ページをめくる手が止まらなかった。最後まで読んで、もう一度初めから読むと、「なるほど!」と思わず声が出てしまった。(悠さん)

最近チェックした商品