試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041057360

蒼天見ゆ

  • 著者 葉室 麟
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041057360

父の無念を 晴らせるか。日本史上最後の仇討ちを描いた歴史長篇。

時代が変われば、生き方も変わるのだろうか――。
武士の世が終わりを告げたとき、“最後の武士”が下した決断とは。

一生を、命を、そして武士の矜持を懸けて挑んだ、日本史上最後の仇討ち!

日本中が開国と攘夷に揺れる時世。
西洋式兵術の導入を進めていた秋月藩執政・臼井亘理は、ある夜、尊攘派により妻もろとも斬殺された。
だが藩の裁きは臼井家に対し徹底して冷酷なものだった。
息子の六郎は復讐を固く誓うが、明治に入り発布された<仇討禁止令>により、武士の世では美風とされた仇討ちが禁じられてしまう。
生き方に迷い上京した六郎は、剣客・山岡鉄舟に弟子入りするが――。
時代にあらがい、信念を貫いた”最後の武士”の生き様が胸に迫る歴史長篇。

「青空を見よ。いかなる苦難があろうとも、いずれ、頭上には蒼天が広がる。そのことを忘れるな――」

メディアミックス情報

NEWS

「蒼天見ゆ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 明治維新前夜、九州秋月藩で、両親を惨殺された六郎は父の仇討ちを心に誓うが時は流れすでに明治、仇討ちは禁令となってしまう。それでも困難を乗り越え仇討ちは成し遂げるが、父の遺言「蒼天」は見えない。刑期を終 明治維新前夜、九州秋月藩で、両親を惨殺された六郎は父の仇討ちを心に誓うが時は流れすでに明治、仇討ちは禁令となってしまう。それでも困難を乗り越え仇討ちは成し遂げるが、父の遺言「蒼天」は見えない。刑期を終え故郷秋月に戻った時、蒼天は故郷にあったのだと気付く。武士として生きることを否定された人々。それまでの社会構造、価値観が180度変わってしまった困難な時代を生きた人々。それぞれの人生を綴る葉室さんの文章のなんと美しいこと!明治維新とは何であったのか、また新たな興味が湧いて来た。 …続きを読む
    chantal(シャンタール)
    2018年02月15日
    60人がナイス!しています
  • 幕末、秋月藩執政 臼井亘理は時代の流れと藩の行く末を見据え、信念を持ち進めた近代化と新政府への姿勢を理解しない尊攘派により妻と共に惨殺される。その息子六郎は復讐を心に誓うが新しい世で仇討は禁止され…。 幕末、秋月藩執政 臼井亘理は時代の流れと藩の行く末を見据え、信念を持ち進めた近代化と新政府への姿勢を理解しない尊攘派により妻と共に惨殺される。その息子六郎は復讐を心に誓うが新しい世で仇討は禁止され…。明治維新前後、小藩だからこその舵取りの難しさと、明治になり武士の世の終焉とそれによる鬱屈。六郎の仇討を通して作者が描きたかったものはわかるのだけど、敵をあまりにえげつない悪人として描くことでかえって単なる勧善懲悪になり物語の抑揚が失われた気がする。師匠の山岡鉄舟の佇まいの方がよほど「最後の武士」にふさわしい。 …続きを読む
    penguin-blue
    2020年02月26日
    37人がナイス!しています
  • [最後の仇討ち]の実話をもとにした物語。幼くして父母を惨殺された臼井六郎が主人公。江戸時代においては美徳とされながら明治の世では禁止された仇討ちを成し遂げ、その後、終身刑とされながらも恩赦で出獄し、紆 [最後の仇討ち]の実話をもとにした物語。幼くして父母を惨殺された臼井六郎が主人公。江戸時代においては美徳とされながら明治の世では禁止された仇討ちを成し遂げ、その後、終身刑とされながらも恩赦で出獄し、紆余曲折を経て故郷である秋月に帰るまで。師となる山岡鉄舟とのつながり、仇討ちを遂げるまでの主人公の心情、事をなしたあとの世間の彼を称賛する目とそれに対する彼の言動など非常に読み応えがありました。著者特有の主人公が醸し出す清冽さも健在です。秋月に帰って初めて主人公が天を蒼く見るという描写も印象的でした。 …続きを読む
    たかひこ
    2021年02月26日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

葉室 麟(はむろ りん)

1951年福岡県生まれ。2012年に『蜩ノ記』で第146回直木賞を受賞。近著に『天翔ける』など。

この著者の商品

最近チェックした商品