試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041054949

泥棒役者

  • 小説 三羽 省吾
  • 原作 西田 征史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041054949

映画化! 一軒の豪邸で巻き起こる、8人のだまし合い!

かつて鍵開けの名人だったはじめは、泥棒から足を洗い小さな町工場で働いていた。しかし出所した先輩泥棒の畠山に脅され、泣く泣く盗みを手伝わされることに。忍び込んだ先は絵本作家の豪邸だった。嫌々ながらもふたりで金品を物色していると、不意に何者かが玄関に入ってきた。はじめは自分が家主であると嘘をつき必死に演じるが、今度は“本物の”家主である絵本作家がリビングに現れ・・・・・・。曲者たちの騙し合いの結末は!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「泥棒役者」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • シリアスな話かと思って読みだしたら、コメディで多少強引な話だったが、少しだけの感動もあって、なかなかおもしろかった。 映像化しやすなこれって思ってたけど、どうやらノベライズ本だそうです。 そう思ってみ シリアスな話かと思って読みだしたら、コメディで多少強引な話だったが、少しだけの感動もあって、なかなかおもしろかった。 映像化しやすなこれって思ってたけど、どうやらノベライズ本だそうです。 そう思ってみると、強引な展開も納得でした。 ただ、映画の方はみてないのだけど、忠実に書かれてるらしく、そういう意味では映画をみた人にはちょっと物足りないかも。 コメディだから、ハッピーエンドになるのはわかっているけど、ほっとできるラストだった。 …続きを読む
    ホウフリンク
    2020年07月03日
    117人がナイス!しています
  • とある豪邸を舞台に8人の“騙しあい”がスタートした💰鍵開け名人「はじめ」は出所直後の「先輩」に脅され、人気絵本作家の豪邸とは知らずに忍び込むことに。絶妙なタイミングで集まる編集者やトラブルメイカーや とある豪邸を舞台に8人の“騙しあい”がスタートした💰鍵開け名人「はじめ」は出所直後の「先輩」に脅され、人気絵本作家の豪邸とは知らずに忍び込むことに。絶妙なタイミングで集まる編集者やトラブルメイカーやクセの強い部外者が絡み、アンジャッシュ系勘違いが炸裂⚡勘違いに誰も気づかないのが面白く、ちぐはぐな会話がなぜか噛み合ってしまうシーンにくすっと笑ったり🤗ちょっと強引かな? という展開だけどファンキーで人のいい彼らにワクワクが止まらない❗曲者たちの騙し合いの結末は!? もちろん大満足🔓🔑✨ ★4 …続きを読む
    chiru
    2021年02月10日
    115人がナイス!しています
  • 泥棒の前歴があるはじめ。今は真面目に働いて彼女もいる。人生やり直したかと思えた所に昔の泥棒仲間に脅されて、再度泥棒を手伝うことに…。へぇ〜これ、舞台が原作で、小説が三羽さんなんだ😯どうりで三羽さん節 泥棒の前歴があるはじめ。今は真面目に働いて彼女もいる。人生やり直したかと思えた所に昔の泥棒仲間に脅されて、再度泥棒を手伝うことに…。へぇ〜これ、舞台が原作で、小説が三羽さんなんだ😯どうりで三羽さん節ゴリゴリじゃないわけだ、こんなカンジのもいいね😄👍✨かなりめちゃくちゃな喜劇、たしかに舞台を見てるみたい!あまりの喜劇っぷりに、もしかしたら登場人物すべてが泥棒なんじゃないかと予想したが、残念ハズレた🤣ほっこりウフフなラスト。大きな後悔と勇気を出して向かい合ったら未来は明るくなるのかな🌞★3.5 …続きを読む
    やも
    2021年03月31日
    69人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品