角川ソフィア文庫

宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

不思議な話、こわい話、教訓となる話…ユーモラスでおかしな古典を味わう!

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044002459
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川ソフィア文庫

宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典

不思議な話、こわい話、教訓となる話…ユーモラスでおかしな古典を味わう!

  • 編者 伊東 玉美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784044002459

不思議な話、こわい話、教訓となる話…ユーモラスでおかしな古典を味わう!

「こぶとりじいさん」や「鼻の長い僧の話」など、とんでもなくて面白い鎌倉時代の説話(短編物語)集。総ルビの原文と現代語訳、わかりやすい解説とともに、やさしく楽しめる決定的入門書!

【目次】
はじめに
◇序
◇一話「道命阿闍梨が和泉式部のもとで読経し、五条の道祖神が聴聞した話」
◇二話「丹波の国篠村に平茸が生えた話」
◇三話「鬼にこぶをとられた話」
◇四話「伴大納言の話」
◇一三話「田舎の児が桜の散るのを見て泣いた話」
◇一六話「尼が地蔵にお目にかかった話」
◇二二話「金峯山での箔打の話」
◇二五話「鼻の長い僧の話」
◇二八話「袴垂が保昌に会った話」
◇三〇話「唐の卒都婆に血が付いた話」
◇四九話「小野篁が才人だった話」
◇五七話「石橋の下の蛇の話」
◇五九話「三河の入道が遁世した話」
◇七二話「以長の物忌の話」
◇八五話「留志長者の話」
◇八七話「観音経が蛇になって人をお助けになった話」
◇八八話「賀茂の社から紙と米を頂いた話」
◇九一話「僧伽多が羅刹の国に行った話」
◇九三話「播磨の守為家に仕える侍佐多の話」
◇一〇四話「猟師が仏を射た話」
◇一一二話「大安寺別当の娘の恋人が夢を見た話」
◇一二五話「保輔が盗人だった話」
◇一三一話「清水寺の御帳を頂いた女の話」
◇一三三話「空入水した僧の話」
◇一三四話「日蔵上人が吉野山で鬼に会った話」
◇一三六話「出家の価値の話」
◇一四七話「きこりが隠題の歌を詠んだ話」
◇一五七話「ある公卿が中将時代に誘拐された話」
◇一六四話「亀を買って解き放った話」
◇一六五話「夢を買った人の話」
◇一六九話「念仏僧が魔往生した話」
◇一八四話「御堂関白の飼い犬の超能力の話」
◇一九四話「仁戒上人が極楽往生した話」
◇一九七話「盗跖と孔子とが問答した話」
おわりに

☆コラム1 源隆国と家族
☆コラム2 芥川龍之介の古典物・説話集編者たちの「競作」
☆コラム3 セットになっている説話
☆コラム4 大力の伏兵
☆コラム5 遠回りの意味

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「宇治拾遺物語 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • むかしのひとたちの説くものがたりの、なんとぶっとんでいることか。おじいさんはこぶをつけられ、僧はきのこに生まれ変わり、助けた亀は恩返し、夢で股が裂ければ不吉の前兆、ひとにしゃべった夢は買われて出世もま むかしのひとたちの説くものがたりの、なんとぶっとんでいることか。おじいさんはこぶをつけられ、僧はきのこに生まれ変わり、助けた亀は恩返し、夢で股が裂ければ不吉の前兆、ひとにしゃべった夢は買われて出世もまた夢と消える。ありがたい教訓かとおもいきや、なんじゃそりゃ!と煙にまかれて、残るのはモヤモヤばかりである。でもなんだか面白かったなあ!という余韻のみが後を引くのは、どこか落語のようでもある。そういえば、むかしのひとはおなじ物語を何度も語ることで、その語りの巧さを競ったのだとか。そんな珠玉の「もの騙り」の数々。 …続きを読む
    こーた
    2017年11月29日
    126人がナイス!しています
  • 代表的な話のみ、現代語訳、原文、解説の順で説明しています。どんな話が載っているのかを知りたいビギナーや、単に話の筋を知りたいという人には調度よいと思いました。長い話は、所々原文が省略され、現代語訳メイ 代表的な話のみ、現代語訳、原文、解説の順で説明しています。どんな話が載っているのかを知りたいビギナーや、単に話の筋を知りたいという人には調度よいと思いました。長い話は、所々原文が省略され、現代語訳メインになっています。これで興味を持ったら、是非全話にチャレンジしてほしいです。全話を読むことで、その本の雰囲気や狙いが見えてくることがあります。解説では色々説明してくれていますが、そこは自分でも体感したいところ。一冊読み通す中で自分で気づくのも、作品を鑑賞する楽しみだなぁと、改めて思いました。 …続きを読む
    ぶどうの房
    2017年11月16日
    61人がナイス!しています
  • 謎めいた序文で始まる説話集。鎌倉前期成立、作者未詳。『この世の「理不尽」や「もやもや」』をも取り込みながら、緩急のある構成で長く愛されて来たお話たち。また一つ中世が近くなった。受験勉強で触れた物語も多 謎めいた序文で始まる説話集。鎌倉前期成立、作者未詳。『この世の「理不尽」や「もやもや」』をも取り込みながら、緩急のある構成で長く愛されて来たお話たち。また一つ中世が近くなった。受験勉強で触れた物語も多いせいか、どこか懐かしく嬉しい。現代語訳、原文が少しずつ繰り返される構成なので、どちらも楽しめる。コラムがまた面白い。印象深かったのは、「意外な時点から運命が回り始めていた説話」として紹介される「唐の卒塔婆に血がついた話」、「夢を買った人の話」。いつか全話通して読めたら、きっとその配置の妙も楽しめるだろう。 …続きを読む
    ぴー
    2018年01月21日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品