知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年07月20日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040821153

知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先

  • 著者 池上 彰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年07月20日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
320
ISBN:
9784040821153

フェイクニュースに騙されない! 世界のニュース池上解説・決定版、第8弾

池上彰の「知らないと恥をかく世界の大問題」(知ら恥)シリーズの第8弾。

2016年は、6月のイギリスEU離脱決定からトランプ大統領誕生まで、「自国ファースト」「反グローバル」「世界分断」の大きな流れが世界を包んだ。

この流れのまま、2017年の世界はどうなっていくのか? 

右派勢力の台頭が気になる欧州での選挙、第5次中東戦争のリスクの高まり、北朝鮮の暴走……など、大衝突の種が世界中に転がっている。世界秩序が再び崩れていくのか? 重要な一年となるだろう。

トランプ現象によって、世界の大問題がよりクリアになり、そしてそのニュースに多くの人が関心をもった。世界が抱える大問題に真剣に向き合い、いかに行動するかを考える――、そのよいきっかけにしなければいけない。

“世界のニュースの入門書”として定着した「知らないと恥をかく世界の大問題」シリーズが伝える世界の今。あふれる情報の中から、いかに本質を見抜くのか。考えるヒントを、最新ニュースを題材に語る。

もくじ

目次
自国ファーストの世界を読み解く!
プロローグ トランプに振り回される世界 
第1章 分断されるアメリカ  
第2章 危機を迎えたヨーロッパの理想 
第3章 大国に翻弄される中東 
第4章 アメリカの変化にアジアは? 
第5章 分断される世界は人類共通の問題を悪化させる
第6章 安倍政権は、戦後最長の長期政権になるのか
エピローグ 分断に立ち向かう、未来への姿勢
        ~未来を変えるのは私たちだ~


メディアミックス情報

NEWS

「知らないと恥をかく世界の大問題8 自国ファーストの行き着く先」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • お仕事本として読了。〝ジャーナリストとしてこの1年ほど良くも悪くも『絶対にあり得ない』という言葉が通用しないと思った年はなかった〟という池上さんの冒頭の言葉が今の複雑な世界情勢を表している。先行きが不 お仕事本として読了。〝ジャーナリストとしてこの1年ほど良くも悪くも『絶対にあり得ない』という言葉が通用しないと思った年はなかった〟という池上さんの冒頭の言葉が今の複雑な世界情勢を表している。先行きが不透明だからこそ、世界の行方を自分なりに見据える必要があるだろう。新宿(勤務地)は、アジア人のみならず世界各国の旅行者が着実に増えている。雨の日の地下通路はまるで異国の地のようだ。「もしここでテロが起きたら…」という物騒な考えが過ぎるほど国際化にまっしぐらな日本。毎号、重要項目が満載で必読書となっている。 …続きを読む
    はたっぴ
    2017年09月04日
    92人がナイス!しています
  • 人気のシリーズも遂に8作目。相変わらずここ1年くらいのニュースを分かりやすく纏めてくれている。今回は主にトランプ当選、EU分裂、中東問題、中華思想などが中心かな。あと最後に恒例の日本の分析。今は書店や 人気のシリーズも遂に8作目。相変わらずここ1年くらいのニュースを分かりやすく纏めてくれている。今回は主にトランプ当選、EU分裂、中東問題、中華思想などが中心かな。あと最後に恒例の日本の分析。今は書店やテレビで池上さんを見ない事は無いと言っても過言ではないが、テレビとかに頻繁に出なくなってもこのシリーズは続けてほしいなぁ… …続きを読む
    岡本
    2017年08月04日
    88人がナイス!しています
  • 現在の「世界ファースト」に傾きがちである世界情勢がわかりやすく説明されていて為になりました。 現在の「世界ファースト」に傾きがちである世界情勢がわかりやすく説明されていて為になりました。
    ふうらいぼう
    2018年01月05日
    66人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品