随筆集 一私小説書きの独語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041049501

随筆集 一私小説書きの独語

  • 著者 西村 賢太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041049501

私小説作家は、“言葉”でつぶやく

雑事と雑音の中で研ぎ澄まされる言葉。半自叙伝「一私小説書きの独語」(未完)を始め、2012年2月から2013年1月までに各誌紙へ寄稿の随筆を網羅した、平成の無頼作家の第3エッセイ集。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「随筆集 一私小説書きの独語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 西村賢太氏の随筆集、第三弾。北町貫多ではなく、西村氏としての日雇いで日銭を稼いだ日々や母や姉のこと等を事実のものとして書く。この表題作は、中途で終了しているので、是非、続きを書いて欲しいなと思う。その 西村賢太氏の随筆集、第三弾。北町貫多ではなく、西村氏としての日雇いで日銭を稼いだ日々や母や姉のこと等を事実のものとして書く。この表題作は、中途で終了しているので、是非、続きを書いて欲しいなと思う。その他は、著作のあとがき、解説等も収録させつつ、横溝映画の評論が収録されており、余程、好きな作品であったのだなと、その愛情というものを感じた。思わず映画も原作も追ってみたくなった。また自らの手淫方法について記載があり、その時代錯誤的な内容に笑ってしまった。 …続きを読む
    へっけ
    2019年04月07日
    15人がナイス!しています
  • 平成23年9月から平成25年1月1日までのエッセイを初出順に。他に横溝原作映画十本、自著あとがき。P.147 『日本の路地を旅する』解説 平成23年9月から平成25年1月1日までのエッセイを初出順に。他に横溝原作映画十本、自著あとがき。P.147 『日本の路地を旅する』解説
    ぽち
    2022年05月09日
    9人がナイス!しています
  • 何気に未読の本書。文庫版を購入。ごった煮感満載のエッセイですな。私小説はあくまでも小説ですから、その辺りの脚色部位の先生自らの紐解きに「ほう」となる。珍しく思想的な話だったり(深くはないところがミソ) 何気に未読の本書。文庫版を購入。ごった煮感満載のエッセイですな。私小説はあくまでも小説ですから、その辺りの脚色部位の先生自らの紐解きに「ほう」となる。珍しく思想的な話だったり(深くはないところがミソ)、大好きな横溝作品の映画レヴューだったり、先生が好きな人なら必読でしょう。そうじゃない人は読んでもなんの足しにもならんので読まないでよろしい。装画は能町みね子氏。 …続きを読む
    村山トカレフ
    2018年04月23日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品