角川文庫

蠕動で渉れ、汚泥の川を

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041076460
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

蠕動で渉れ、汚泥の川を

  • 著者 西村 賢太
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2019年01月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041076460

善だの悪だのを超越した物語

『17歳の失敗は、人生の失敗じゃないのだ』と
貫多は私に教えてくれた――湊かなえ氏


こんな青春も、存在する――17歳。中卒。日雇い。人品、性格に難あり。しかし北町貫多は今日も生きる――。無気力、無目的に流浪の日々を送っていた貫多は、下町の洋食屋に住み込みで働き始めた。案外の居心地の良さに、このまま料理人の道を目指す思いも芽生えるが、やがて持ち前の無軌道な性格から、自らその希望を潰す行為に奔り出す――。善だの悪だのを超越した、負の青春肖像。渾身の長篇私小説! 解説・湊かなえ

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「蠕動で渉れ、汚泥の川を」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • こんな青春も、存在するとあるとおりその日暮らしを繰り返す17歳が主人公の作品。日雇いや短期バイトでお金をもらうと酒や遊びに散財して、家賃も平然と踏み倒す主人公。このような自堕落的な生活から抜け出すため こんな青春も、存在するとあるとおりその日暮らしを繰り返す17歳が主人公の作品。日雇いや短期バイトでお金をもらうと酒や遊びに散財して、家賃も平然と踏み倒す主人公。このような自堕落的な生活から抜け出すために、洋食屋に住み込みで働く主人公。月給制で働きお金を貯めて生活をあらためようとするもいつもの性格から破綻してしまう。西村さんの作品は私小説であり、本作品も自身をモデルにしているところもあると思われますが、いろいろと笑いありの話でした。深刻な話でありますが、ユーモラスであり逞しく憎らしい主人公が面白かったです。 …続きを読む
    とし
    2019年02月13日
    18人がナイス!しています
  • 北町貫多、17才。彼が町田の実家を出て、日雇い労働に励む日々を送りながら、新たな働き場所の洋食屋に勤める姿を描く長編私小説。この年齢から、北町貫多のキャラクター確立している。身の周りにあるのは、酒と煙 北町貫多、17才。彼が町田の実家を出て、日雇い労働に励む日々を送りながら、新たな働き場所の洋食屋に勤める姿を描く長編私小説。この年齢から、北町貫多のキャラクター確立している。身の周りにあるのは、酒と煙草と文庫本。自らの劣等感が強いために、他者の欠点を上げつらった見下し。そして何と言っても、身近な女性への外見や性格についての一方的な評価、暴言。その芝居がかった暴言の種類が驚嘆する程、多く、暴言に関しては中卒どころか国大卒の域に達している。貫多のキャラクターによって、このシリーズは安定したおもしろさがある。 …続きを読む
    へっけ
    2019年03月17日
    11人がナイス!しています
  • 長編大丈夫かなあ、と思ったけれどいつもの貫多でいつもどおりの面白さだった。飲食店で働きはじめてやりがいも感じて一安心、とならないその流れがなんとも身につまされる。確か同い年だったか、とするとバブルの頃 長編大丈夫かなあ、と思ったけれどいつもの貫多でいつもどおりの面白さだった。飲食店で働きはじめてやりがいも感じて一安心、とならないその流れがなんとも身につまされる。確か同い年だったか、とするとバブルの頃にこんな暮らしをしていたのだなあ。貫多の我儘な責任転嫁も、ええーっ?と思いつつその思考の流れには身に覚えがある。自分の中にも貫多的な部分が多分にある。だから面白いのかもしれない。 …続きを読む
    のじ
    2019年04月13日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品