2014年 第16回 ボイルドエッグズ新人賞

角川文庫

気障でけっこうです

七三分けの幽霊と、今どき女子高生が忘れ物を探す、コミカルで切ない物語。

  • 著者 小嶋 陽太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041047637
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

2014年 第16回 ボイルドエッグズ新人賞

角川文庫

気障でけっこうです

七三分けの幽霊と、今どき女子高生が忘れ物を探す、コミカルで切ない物語。

  • 著者 小嶋 陽太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年11月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
320
ISBN:
9784041047637

七三分けの幽霊と、今どき女子高生が忘れ物を探す、コミカルで切ない物語。

女子高生のきよ子が公園で出会ったのは地面に首まですっぽり埋まったおじさんでした――「私、死んじゃったんですよ」“シチサン”と名乗る悩みを抱える気弱な幽霊と今どき女子高生の奇妙な日々が始まった。

トピックス

プロモーションムービー

『気障でけっこうです』 あらすじ動画


『気障でけっこうです』著者インタビュー


読者モニターレビュー

あらすじを読んでも、先がまったく想像できないストーリー。その混乱状態はまさに主人公のきよ子と同じで、この状態を打開すべくとにかく物語を読み進めることに集中しました。――まちこ

穴にすっぽりおさまったサラリーマン風の男が幽霊になって現れて、どうなったら感動の物語になるんだろ?・・・と恐る恐る読みはじめたら、シチサンの謎は?きよ子はどうなるの?キエちゃんは次に何をするの?とぐいぐい読み進めちゃいました。出てくる人はみ~んな変なのに、とっても元気になれる物語。――まこな

とにかくそれぞれのキャラクターが魅力的で愛おしく、彼らが織りなす物語がたくさんのことをうったえかけてくるようであたたかさの中に一筋に煌めく光があるような物語でした。きよ子さんとシチサン会話(またはきよ子さんの心の声)が面白くにやりとさせられました。――たかた

最近チェックした商品