火星の話

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2015年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041028346

火星の話

  • 著者 小嶋 陽太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2015年04月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
304
ISBN:
9784041028346

現役大学生作家、かわいくで切ない待望の新作!

自称火星人の女の子が転入してきた。彼女の名は佐伯尋。とんでもキャラでクラスから浮きまくる佐伯さん。でも僕は佐伯さんと下校し、太鼓をたたき、星空を見上げ、彼方の火星に思いを馳せる。切ない青春物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火星の話」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • インド的数値を出し壊滅的に数学がダメな国吉、火星の姫で18歳になれば迎えが来て帰ってしまうという佐伯さん、無口で坊主頭の水野、派手で先生を追い掛けていて、何故か国吉にちょっかいを出してくる元陸上部で インド的数値を出し壊滅的に数学がダメな国吉、火星の姫で18歳になれば迎えが来て帰ってしまうという佐伯さん、無口で坊主頭の水野、派手で先生を追い掛けていて、何故か国吉にちょっかいを出してくる元陸上部で優秀だったのに怪我をして陸上を諦めた高見さん、そして茶髪でチャライけど男前で面白くて人気のある山口先生、夏休み数学の補習から見る火星の話、何故が所々会話が面白くて、突拍子もない事を始める彼らの空っぽで退屈な日々がちょっと切なく、訳分からんけど不思議な青春小説でした。 …続きを読む
    みかん🍊🎄
    2015年06月17日
    80人がナイス!しています
  • 生温い世界で生きていたかった。でも、僕は大人にならなければいけない。大人は躊躇なく僕を大人の世界へ引きずり込もうとしている。だから僕は火星へと逃げ出すしかなかった。佐伯さんの住む火星なら、空っぽな僕の 生温い世界で生きていたかった。でも、僕は大人にならなければいけない。大人は躊躇なく僕を大人の世界へ引きずり込もうとしている。だから僕は火星へと逃げ出すしかなかった。佐伯さんの住む火星なら、空っぽな僕の心に違う景色を見せてくれそうだから。でも、本当に困っていたのは佐伯さんだった…。僕が佐伯さんを救うべきなのに、僕は火星という空想世界に甘んじて現実から目を背けた。佐伯さんが苦しんでいることに、気がつかないふりをしたんだ。でも今度は、大人になるために覚悟を決めなければいけない。それが今の僕には必要なことなんだ。 …続きを読む
    ゆかーん
    2018年01月06日
    43人がナイス!しています
  • 佐伯さんを守っているつもりが、実は自分が守って欲しかったという事に気付いた主人公。立派な大人になりました。今の若者って傷つく事を極端に避ける傾向があります。そんな世代をうまく表現しているように思いまし 佐伯さんを守っているつもりが、実は自分が守って欲しかったという事に気付いた主人公。立派な大人になりました。今の若者って傷つく事を極端に避ける傾向があります。そんな世代をうまく表現しているように思いました。青春の一頁を思い出させてくれた一冊でした。 …続きを読む
    to boy
    2015年11月27日
    34人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品