気障でけっこうです

2014年 第16回 ボイルドエッグズ新人賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2014年10月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041019917

2014年 第16回 ボイルドエッグズ新人賞

気障でけっこうです

  • 著者 小嶋 陽太郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2014年10月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
296
ISBN:
9784041019917

第16回ボイルドエッグズ新人賞受賞作! 少女と幽霊のかけがえのない日々

女子高生のきよ子が公園で出会ったのは、
地面に空いた穴に首までぴたりと収まった“おじさん”でした……

男は、なぜおとなしくしっぽり穴に収まっているのか!?
きよ子は男を助けるために奔走するが、その途中運悪く車にはねられ病院へ。
そして意識を取り戻した彼女の前に、公園で埋まっていたあの男が突然現れた。
「私、死んじゃったんですよ」そう、男は幽霊となっていた!?
ぴっちりと髪を七三に分けた、シチサンと名乗るどこか気弱な幽霊と、
今どき女子高生の奇妙な日々が始まった――。

受賞コメント


おすすめコメント

木漏れ日の優しさと、せせらぎの心地よさ。
そんな信州の春を思わせる、温かな物語です。
——夏川草介(作家。『神様のカルテ』ほか。信州大学卒)

軽やかでスピーディーで、いきなり泣ける。伊坂、西尾、舞城、森見、万城目につづくすごい才能が現れた!
——横里隆(上ノ空代表・元「ダ・ヴィンチ編集長」。信州大学卒)

独特の文体、個性的な視点、独創性を育てる信州大学発の若き才能を応援します。
——山沢清人(信州大学学長)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

プロモーションムービー

『気障でけっこうです』 あらすじ動画


気障でけっこうです


「気障でけっこうです」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小嶋陽太郎さん初読み。ボイルドエッグス新人賞受賞で現役の大学生。このちょっとおとぼけでコミカルな空気感が森見さんを思い出す不思議系で私好み♡幽霊の「シチサン」と高校生のきよこの掛け合いが軽快。「強烈キ 小嶋陽太郎さん初読み。ボイルドエッグス新人賞受賞で現役の大学生。このちょっとおとぼけでコミカルな空気感が森見さんを思い出す不思議系で私好み♡幽霊の「シチサン」と高校生のきよこの掛け合いが軽快。「強烈キャラの親友」と「心の友の年上のお姉さん」と「かけがいのない幽霊」との軽快な友情物語。サクサクテンポよく楽しめました! …続きを読む
    きむこ
    2015年02月26日
    51人がナイス!しています
  • 散歩中の女子高生きよ子が、公園で出会った、身体がすっぽり地面に埋まり首だけ出している男性。奇想天外でシュールな出だし、独特の軽い文体につられて読み進めると、意外とシリアスな内容に。どこからがファンタジ 散歩中の女子高生きよ子が、公園で出会った、身体がすっぽり地面に埋まり首だけ出している男性。奇想天外でシュールな出だし、独特の軽い文体につられて読み進めると、意外とシリアスな内容に。どこからがファンタジー?と思いながら、不思議な話にいつの間にかのせられていました。それぞれのキャラが個性的でやりとりも面白く、思いの外温かい物語でした。 …続きを読む
    ミルルン
    2015年03月06日
    47人がナイス!しています
  • 女子高生きよ子と七三分けの幽霊シチサンとの奇妙でゆるゆるな日々。と思いきや、途中からサスペンスフルな展開に。コメディタッチで読みやすく、ゆるゆるな感じと切なさのバランスが絶妙でした。主人公やシチサンよ 女子高生きよ子と七三分けの幽霊シチサンとの奇妙でゆるゆるな日々。と思いきや、途中からサスペンスフルな展開に。コメディタッチで読みやすく、ゆるゆるな感じと切なさのバランスが絶妙でした。主人公やシチサンよりも、きよ子の親友キエちゃんのキャラが誰よりも強烈だった(笑) …続きを読む
    coco
    2015年03月07日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

読者モニターレビュー

あらすじを読んでも、先がまったく想像できないストーリー。その混乱状態はまさに主人公のきよ子と同じで、この状態を打開すべくとにかく物語を読み進めることに集中しました。――まちこ

穴にすっぽりおさまったサラリーマン風の男が幽霊になって現れて、どうなったら感動の物語になるんだろ?・・・と恐る恐る読みはじめたら、シチサンの謎は?きよ子はどうなるの?キエちゃんは次に何をするの?とぐいぐい読み進めちゃいました。出てくる人はみ~んな変なのに、とっても元気になれる物語。――まこな

とにかくそれぞれのキャラクターが魅力的で愛おしく、彼らが織りなす物語がたくさんのことをうったえかけてくるようであたたかさの中に一筋に煌めく光があるような物語でした。きよ子さんとシチサン会話(またはきよ子さんの心の声)が面白くにやりとさせられました。――たかた

最近チェックした商品