試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041044643

無惨百物語 みちづれ

  • 著者 黒木 あるじ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041044643

怪異は、あなたのかたわらに。気付いてしまえば、もう戻れない。

エレベーターを待っている背後に、毎日通り過ぎる路地の片隅に、長らく空いたままのアパートの隣室に……日常の風景に潜んだ怪異は、ある日突然姿を現し襲いかかる。読めばもう日常には戻れない、百の体験談


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「無惨百物語 みちづれ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 《購入》自衛隊のお話が何話かあり、主人に砲兵森ってわかる~?って聞いたら良く使うとのこと!幽霊には遭遇したことないみたいだけど。 《購入》自衛隊のお話が何話かあり、主人に砲兵森ってわかる~?って聞いたら良く使うとのこと!幽霊には遭遇したことないみたいだけど。
    ゆみきーにゃ
    2016年09月18日
    73人がナイス!しています
  • 単純な怖さではない。思いがけない方向から襲ってくる怖さだ。次はこう来るかと思っていると、えっ、そっちからみたいなスリルがある。各話の題もよくできている。「しらすちゃん」「たらちね」「たなうら」「さんさ 単純な怖さではない。思いがけない方向から襲ってくる怖さだ。次はこう来るかと思っていると、えっ、そっちからみたいなスリルがある。各話の題もよくできている。「しらすちゃん」「たらちね」「たなうら」「さんさんさん」…最後にこれらの題が鮮やかな像を結ぶ辺り、洗練された芸を見るようだった。何かを怒らせてしまった時や、人の邪念(絵馬に呪いを書く人もいるらしい)を受けた時に災いが起きるというならわかるが、呪いや祟りのとばっちりを受ける話も少なくなかった。そういう話から、自分の中にある理不尽なものへの恐怖を揺すぶられた。 …続きを読む
    夜間飛行
    2016年08月14日
    67人がナイス!しています
  • 実話怪談集。相変わらず上手い、兎に角上手い。今回は陰惨な話を中心としたらしいけど、その言葉に違わず今までの著者の怪談より嫌感がアップしているように思える。特に「ほどく」「おわりのことば」等の嫌さと言っ 実話怪談集。相変わらず上手い、兎に角上手い。今回は陰惨な話を中心としたらしいけど、その言葉に違わず今までの著者の怪談より嫌感がアップしているように思える。特に「ほどく」「おわりのことば」等の嫌さと言ったら……。話もただ提示するだけではなく、エッセイ調語り口調等様々な文体に加え話の順番にも気を使っていることが伺えそれにも好感が持てる。内容もオーソドックスな肝試しから自衛隊怪談まで、幅広く抑えるべき所は全て抑えている印象。玉石混交が当たり前な実話怪談にあって石が無い。久しぶりに怪談を堪能させてもらいました。 …続きを読む
    HANA
    2016年08月08日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品