角川文庫

雨の夜、夜行列車に

シチュエーション、ブラックユーモア、ミステリー長編。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041044599
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト

角川文庫

雨の夜、夜行列車に

シチュエーション、ブラックユーモア、ミステリー長編。

  • 著者 赤川 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041044599

シチュエーション、ブラックユーモア、ミステリー長編。

講演旅行に行く元大臣と秘書。元部下と禁断の恋に落ちた、元会社員。その父を追う娘。この二人を張込み中に自分の妻の浮気に遭遇する刑事。今しも彼らは、同じ夜行列車に乗ろうとしていた。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雨の夜、夜行列車に」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • どんどん新しい人が出てきて戸惑った。しかし、安定の赤川次郎先生。読みやすく面白かった😸 どんどん新しい人が出てきて戸惑った。しかし、安定の赤川次郎先生。読みやすく面白かった😸
    Mayrin
    2019年03月24日
    4人がナイス!しています
  • 久しぶりに赤川次郎氏の著作。少し間が空いてしまったこともあって、誰だっけ?ってなったところもあったけど後半は一気に読めました。夜行列車に乗ろうとする人々はそれぞれ色んな事情を抱えていて、でもこの物語に 久しぶりに赤川次郎氏の著作。少し間が空いてしまったこともあって、誰だっけ?ってなったところもあったけど後半は一気に読めました。夜行列車に乗ろうとする人々はそれぞれ色んな事情を抱えていて、でもこの物語に出てくる人たちは結局誰も乗れなかったというお話。赤川次郎氏にしては意外とたくさん死んでる気がしたんだけどこんなもんだったっけ?読み終えて、ちょっと切なくなりました。 …続きを読む
    さとうめぐみ
    2017年04月24日
    3人がナイス!しています
  • 赤川さんの作品はあっという間に読み終わる。リズムがいい続きが気になって仕方がない。男と女が幸せを求めて行き着く先。ブラックだけど、最後はちょっとホッとしてしまう。 赤川さんの作品はあっという間に読み終わる。リズムがいい続きが気になって仕方がない。男と女が幸せを求めて行き着く先。ブラックだけど、最後はちょっとホッとしてしまう。
    IWASAKI Yohei
    2017年02月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

赤川 次郎(あかがわ・じろう)

一九四八年、福岡県生まれ。七六年、「幽霊列車」で第15回オール讀物推理小説新人賞を受賞しデビュー。作品が映画・ドラマ化されるなど、続々とベストセラーを刊行。「三毛猫ホームズ」シリーズ、「鼠」シリーズ他、『セーラー服と機関銃』『ふたり』など著書多数。二〇〇六年、第9回日本ミステリー文学大賞、一六年『東京零年』で第50回吉川英治文学賞を受賞。

最近チェックした商品