自閉症の僕が跳びはねる理由2

自閉症の僕が跳びはねる理由2 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2016年06月18日
商品形態:
電子書籍

自閉症の僕が跳びはねる理由2

  • 著者 東田 直樹
発売日:
2016年06月18日
商品形態:
電子書籍

会話のできない自閉症者の心の声とは?世界的ベストセラーの高校生編!

考えてもみて下さい。生まれて一度も人に本当の言葉を伝えたことのない人間が、どんなに不安を抱えながら自分の言葉を伝えているのかを――。
皆が自閉症者に感じる「なぜ?」について当事者の気持ちをQ&Aで綴り、大反響を呼んだ前著『自閉症の僕が跳びはねる理由』。高校生編となる本書では、会話ができず苦しみ、もがく中で気づいた喜びや希望が活き活きと綴られる。
文庫化にあたり16歳当時の貴重な日記を初公開! 瑞々しい感性とリアルな心の声が胸を打つ。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「自閉症の僕が跳びはねる理由2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自閉症の人の気持ちを理解しようと前作を読んだとき、私はどうも受け入れがたかった。それは「解ってください」、「お願いします」の連続に辟易したからだ。そして私は東田氏がこれほど素晴らしい文才を持っているの 自閉症の人の気持ちを理解しようと前作を読んだとき、私はどうも受け入れがたかった。それは「解ってください」、「お願いします」の連続に辟易したからだ。そして私は東田氏がこれほど素晴らしい文才を持っているのに、どうしてそんなに卑屈になっているのかに腹を立てていたことに気付かされた。お願いなんてする必要はない。卑屈になる必要はない。なぜなら君は立派な社会の一員で、むしろ普通の人にはない素晴らしい才能に満ちているのだから、胸を張ってほしいと思ったのだ。東田氏がもっと高く跳びはねられるような社会になれるといいなぁ。 …続きを読む
    Tetchy
    2017年11月08日
    130人がナイス!しています
  • 理解されないということは、人にとってつらいことである。著者である東田さんは、自己分析がきちっとできているのに、思うようにならない自分自身に苦しみ続けている。他者に対する想像力は、障がいのあるなしにかか 理解されないということは、人にとってつらいことである。著者である東田さんは、自己分析がきちっとできているのに、思うようにならない自分自身に苦しみ続けている。他者に対する想像力は、障がいのあるなしにかかわらない。東田さんの孤独と「理解してほしい」という叫びに触れて、涙が出た。 …続きを読む
    佐島楓@勉強中
    2016年08月17日
    70人がナイス!しています
  • 2巻は、作者が高校生の頃の内容。自閉症は個性。人、それぞれ個性があるけれども、そのように考えることのできる作者は、そうとう人間はできている。前作より、本人の成長が伺える。本当に色々な人に読んでもらいた 2巻は、作者が高校生の頃の内容。自閉症は個性。人、それぞれ個性があるけれども、そのように考えることのできる作者は、そうとう人間はできている。前作より、本人の成長が伺える。本当に色々な人に読んでもらいたい作品だと思いました。 …続きを読む
    チアモン
    2017年05月10日
    37人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品