ずうのめ人形

今度の怪異はあなたの手の中に――嗤い声が聞こえたら、もう逃げられない。

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041043554

ずうのめ人形

今度の怪異はあなたの手の中に――嗤い声が聞こえたら、もう逃げられない。

  • 著者 澤村伊智
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
400
ISBN:
9784041043554

今度の怪異はあなたの手の中に――嗤い声が聞こえたら、もう逃げられない。

オカルト雑誌で働く藤間は、同僚から都市伝説にまつわる原稿を託される。それは一週間前に不審死を遂げたライターが遺したものらしい。原稿を読み進め「ずうのめ人形」という都市伝説に触れた時――怪異が、始まる。

おすすめコメント

リーダビリティが凄い。ホラーの皮をかぶった正統派エンタメ。
他のジャンルも読んでみたい。
――有川浩氏

祖父は『青蛙堂鬼談』、父は『リング』──
最恐ホラーのDNAは、澤村伊智が受け継いだ!
――東雅夫氏(幻想文学評論家)

ホラーであると同時にミステリとしても非凡な出来映え。
どうすれば逃れられるのか、読者も考えながら読んでほしい。
――千街晶之氏(ミステリ評論家)「本の旅人」8月号より

トピックス

著者紹介

澤村伊智 (さわむら・いち)

​1979年大阪府生まれ。東京都在住。幼少時より怪談/ホラー作品に慣れ親しみ、岡本綺堂の作品を敬愛する。2015年「ぼぎわんが、来る」(受賞時のタイトルは「ぼぎわん」)で第22回日本ホラー小説大賞<大賞>を受賞。巧妙な語り口と物語構成によって、全選考委員から高い評価を獲得した。新たなホラーブームを巻き起こす旗手として期待されている。

この著者の商品

最近チェックした商品