姫島殺人事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041043417

姫島殺人事件

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年09月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041043417

謎と伝説に彩られた島で起きた殺人事件。浅見光彦が暴く島の秘密とは――。

大分県国東半島の先に浮かぶ姫島で起きた殺人事件。取材で滞在していた浅見光彦は、惨殺された長の息子と彼を取り巻く島の人々の微妙な空気に気づく。島の人々が何をしてでも守りたいものとは、なんだったのか――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「姫島殺人事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大分県国東半島の先に浮かぶ姫島で起きた殺人事件。取材で滞在していた浅見光彦は、惨殺された長の息子と彼を取り巻く島の人々の微妙な空気に気づく。島の人々が何をしてでも守りたいものとは、なんだったのか?大分 大分県国東半島の先に浮かぶ姫島で起きた殺人事件。取材で滞在していた浅見光彦は、惨殺された長の息子と彼を取り巻く島の人々の微妙な空気に気づく。島の人々が何をしてでも守りたいものとは、なんだったのか?大分人ながら姫島には行った事がなく、昔ながらの雰囲気がまだ残った島なのだろう…と想像しながら読んだ。かなり古い作品だが充分楽しめた。 …続きを読む
    十六夜(いざよい)
    2019年08月14日
    11人がナイス!しています
  • 浅見光彦シリーズの一つで、タイトルにあるように大分県の姫島を舞台にした作品です。 姫島に取材のために向かった浅見光彦を待ち受けていたものは、島の本庄屋の息子である優貴雄からの脅迫でした。 取材を終えて 浅見光彦シリーズの一つで、タイトルにあるように大分県の姫島を舞台にした作品です。 姫島に取材のために向かった浅見光彦を待ち受けていたものは、島の本庄屋の息子である優貴雄からの脅迫でした。 取材を終えて東京に戻った浅見光彦は、その優貴雄が何者かに殺されたという知らせでした。 その後、続いて仕事仲間の浦本智文までもが姫島で死体となって発見されます。 これらの事件に関連性はあるのか、浅見光彦の推理が冴え渡るというものです。 面白かったので、いつものように一気読みとなりました。 …続きを読む
    Kiyoshi Utsugi
    2019年07月09日
    5人がナイス!しています
  • 最近狐祭りのドキュメンタリー見たので読んでみた。姫島についていろいろわかった。でも伊美港も竹田港に行くまで結構大変でそこには何もなくて、姫島にも何もないでは生きていくには大変そう。ストーリーも過去にあ 最近狐祭りのドキュメンタリー見たので読んでみた。姫島についていろいろわかった。でも伊美港も竹田港に行くまで結構大変でそこには何もなくて、姫島にも何もないでは生きていくには大変そう。ストーリーも過去にあったパターン。 …続きを読む
    しんた
    2021年06月13日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品