鯨の哭く海

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041064337

鯨の哭く海

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2018年01月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041064337

港町で起きた殺人事件の鍵は過去の心中事件。時を超えた「悲劇」とは――?

捕鯨問題の取材で南紀を訪れた浅見光彦。この地でかつて起きた殺人事件と心中事件。二つの事件の関連性を見つけた浅見は、秩父へと向かう。事件現場に見え隠れする青い帽子の女の正体とは――?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「鯨の哭く海」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 捕鯨問題を上手く絡めた一冊。現在鯨はそう頻繁には食べることができませんが、食文化が国際問題に発展していると、何とも言い難い気持ちが生まれますね。内容はと言うと、著者の作品にありがちなご都合主義なパター 捕鯨問題を上手く絡めた一冊。現在鯨はそう頻繁には食べることができませんが、食文化が国際問題に発展していると、何とも言い難い気持ちが生まれますね。内容はと言うと、著者の作品にありがちなご都合主義なパターンがあり、気になりました。特に事件解決後、これからの亜希子の行く末を太閤丸の一家が見守っていく形でしたが、娘が殺害された事件の主犯の身内(亜希子は事件に関わっていませんでしたが)の亜希子を家に住まわせることができるのか!?と驚き。私だったら、永野の内縁の妻(亜希子)と娘(緑)は憎悪・嫌悪の対象になってしまう。 …続きを読む
    ちょこるん
    2018年04月04日
    4人がナイス!しています
  • ★★★☆☆内田作品初読み。このシリーズいつもこんななのかな ★★★☆☆内田作品初読み。このシリーズいつもこんななのかな
    mkt
    2019年06月07日
    0人がナイス!しています
  • 約20年ぶりに浅見光彦シリーズ読んだ。昔から知ってるキャラだから愛着持って読めた。最近、太地にも行った。鯨の食文化について勉強になった。 約20年ぶりに浅見光彦シリーズ読んだ。昔から知ってるキャラだから愛着持って読めた。最近、太地にも行った。鯨の食文化について勉強になった。
    るい
    2018年10月16日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品