遺譜 浅見光彦最後の事件 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041059388

遺譜 浅見光彦最後の事件 下

  • 著者 内田 康夫
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2017年09月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041059388

70年の時を経て甦る陰謀に、浅見家の人間として下す光彦の決断とは――

ドイツと日本、二つの国で次々に見つかる新事実、「遺譜」に記されていた内容とは? 第二次世界大戦当時から現代へと綿々と続く「盟約」を護り続ける者と、それを狙う者。浅見光彦が迎える史上最大の危機!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「遺譜 浅見光彦最後の事件 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 浅見光彦シリーズとしては最後の完結作品になってしまった。でも、いつもとは違う後半の展開に何か思うところがあったのか?と思いを巡らせてしまう。永遠の33歳が誕生日を迎えひとつ歳を重ね…転機を迎えたんだな 浅見光彦シリーズとしては最後の完結作品になってしまった。でも、いつもとは違う後半の展開に何か思うところがあったのか?と思いを巡らせてしまう。永遠の33歳が誕生日を迎えひとつ歳を重ね…転機を迎えたんだな…と思ったが、やはりすぐには結婚にはなりそうになくホッとしたり。ものすごい大作になって最初の方の細かなところを忘れてしまいそうだったけれど。たっぷり浅見光彦を堪能した。また浅見さんに会えそうなラストで終わったけれど、残念ながらあとは未完の連載が本当に最後になるんだな。シリーズ最初からまた読んでみたい。 …続きを読む
    あつひめ
    2018年05月15日
    60人がナイス!しています
  • 内田さんの作品はお初でして、実は読み始めてからシリーズものであることが分かった次第です。「これは順番に読まなければならないのだろうか?」と思いながらもその面白さから読み進めてしまい、気がつけば読み終え 内田さんの作品はお初でして、実は読み始めてからシリーズものであることが分かった次第です。「これは順番に読まなければならないのだろうか?」と思いながらもその面白さから読み進めてしまい、気がつけば読み終えてしまいました。どんだけ風呂敷を広げるつもりやねんと思うほど展開して、果たしてこれは綺麗に決着がつくんかいなと心配しましたが、お見事な納め方でした。面白かったです。 …続きを読む
    との@恥をかいて気分すっきり。
    2017年11月02日
    28人がナイス!しています
  • 内田康夫さんの訃報を聞き、積読の中からまずこの『遺譜』を手に取ることにした。浅見光彦との出会いは中学生まで遡る。大学生になって他の推理小説を読み始めるまで、長い間唯一の新刊待ち作品だった。あのころのワ 内田康夫さんの訃報を聞き、積読の中からまずこの『遺譜』を手に取ることにした。浅見光彦との出会いは中学生まで遡る。大学生になって他の推理小説を読み始めるまで、長い間唯一の新刊待ち作品だった。あのころのワクワク感はもう得られないけれど、久しぶりにこの定石感を味わった。読んでいくとなぜか最終的には浅見光彦がだんだんイヤな奴に思えてきて、いい別れのタイミングになった気がする。浅見光彦から旅立つよ。長い間お世話になりました。ありがとうございました。 …続きを読む
    jin
    2018年03月25日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

著者紹介

内田 康夫

1934年東京都生まれ。『死者の木霊』でデビュー。代表作「浅見光彦シリーズ」はドラマ・映画・漫画化をされる。
著作数は未完のまま発表の『孤道』(毎日新聞出版)で163冊。

最近チェックした商品