知の巨人 荻生徂徠伝

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041042137

知の巨人 荻生徂徠伝

  • 著者 佐藤 雅美
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2016年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
416
ISBN:
9784041042137

近代思想の礎を築いた不屈の天才の生涯を描く、直木賞作家渾身の歴史長編!

近代思想の礎を築いた不屈の天才の生涯を描く、直木賞作家渾身の歴史長編!

日本人が知と知を競い合っていた江戸時代中期。
当時全盛期だった中国伝来の朱子学を乗り越え、儒学に新風を巻き起こした男、荻生徂徠。
父の江戸追放、貧困に喘ぐ日々、学者たちからの批判と反撥……様々な苦難が立ちはだかろうとも、徂徠は学問への情熱をたやすことはなかった。
不屈の天才の全てが此処に……歴史長編の金字塔!

解説・宇野重規


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「知の巨人 荻生徂徠伝」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 歴史の教科書で名前こそ学ぶが、実際何をやり、どういうことで大きな存在かまるで知らず。原典に回帰し、聖人とは何かから初めて儒学の根底を語る、なるほど大きな存在に違いないし、江戸時代の学問の精緻さもすごい 歴史の教科書で名前こそ学ぶが、実際何をやり、どういうことで大きな存在かまるで知らず。原典に回帰し、聖人とは何かから初めて儒学の根底を語る、なるほど大きな存在に違いないし、江戸時代の学問の精緻さもすごいと感じた。 …続きを読む
    しんこい
    2019年01月23日
    12人がナイス!しています
  • 歴史の教科書で名前こそ学ぶが、実際何をやり、どういうことで大きな存在かまるで知らず。原典に回帰し、聖人とは何かから初めて儒学の根底を語る、なるほど大きな存在に違いないし、江戸時代の学問の精緻さもすごい 歴史の教科書で名前こそ学ぶが、実際何をやり、どういうことで大きな存在かまるで知らず。原典に回帰し、聖人とは何かから初めて儒学の根底を語る、なるほど大きな存在に違いないし、江戸時代の学問の精緻さもすごいと感じた。 …続きを読む
    しんこい
    2019年01月23日
    6人がナイス!しています
  • むずかしい事柄をかみくだいて説明することを「和(やわ)らげ」というのをはじめて知ったのだけど、本書は、江戸の思想家・荻生徂徠の知的格闘に、小説化という「和らげ」をほどこして、日本の儒学の世界へといざな むずかしい事柄をかみくだいて説明することを「和(やわ)らげ」というのをはじめて知ったのだけど、本書は、江戸の思想家・荻生徂徠の知的格闘に、小説化という「和らげ」をほどこして、日本の儒学の世界へといざなってくれた。為政者にふりまわされる波瀾にみちた生涯と、時の権威たる朱子学をのりこえてゆく思想のドラマが渾然一体となって、物語を追う快楽と知的興奮が味わえる異色の歴史小説だ。仁斎などライバルとの関係や、四書五経をよみとく画期的な工夫をいきいきと描く一方で、その限界や弊害もゆるがせにしない評伝的なスタンスが光る。 …続きを読む
    2016年05月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品